比較検証 チェーンリング交換17000km

まだ使えるのですが、悩んだ末にとうとうチェーンリングも交換することにしました。ちなみに前回比較検証したサドルはすでに交換済みです。

グレードは全く同じSRAM FORCE。奥が新品。手前が17000km走行した物。さて、どこがどうすり減っているでしょうか。
P1020060

この減り方を見るとですねえ・・・
P1020062

力の加わっている縦方向ももちろんすり減っていますが、横方向の摩耗がかなり来ていることがわかります。
P1020063

こちらはインナーの歯です。右が新品です。なぜか色が違いますね。摩耗によって歯の高さが違っています。
P1020065
 

奥は新品の歯で、富士山のような形をしていますが、手前の古い方はちょっと痩せて、下の方まで横から削られています。
P1020066

今回分かったのは、縦方向からの減りと共に、横方向からの減りが予想以上にあったということです。

チェーンと噛み合うときに、チェーンリングの歯のサイドと、チェーンのインナーリンクの内側と摩擦が起きているわけですね。特にこの摩擦は、チェーンのラインが斜めになるほどに顕著になることが想像できます。

つまり、フロントインナーでアウタートップとか、チェーンがたすき掛けになるようなギヤの組み合わせはできるだけやめた方がいいわけです。

あと、ギヤチェンジするときにはどうしてもチェーンとチェーンリング、あるいはスプロケットがぶつかります。その時にペダリングの力をすっと抜くとスムーズに変速できるわけですが、これにより摩擦をなるべく少なくしてギヤをいたわることができます。

さて、新品に交換して、走行感はどれぐらい変わるでしょうか。明日の朝練で試してみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿