ステム交換でやる気満々 +3cm

本日急に思い立って、TCR ADVANCED 1 のステムを交換しました。
なぜかといいますと・・・
ファンライドの9月号にシマノのプロ選手4名の自転車の各部長さが載っていましたが、それらを平均すると・・・
身長 170.75cm
体重 61kg
サドル高 680mm
サドル~ハンドル長 530.75mm
ステム長 117.5mm
ハンドル幅 400m
いうデータになります。
goma2スペックは
身長 177cm
体重 73kg
サドル高 735mm
サドル~ハンドル長 520mm
ステム長 90mm
ハンドル幅 400m
でした。
比較すると、身長とサドル高がだいぶ高い割には、サドル~ハンドル長は逆に短いという状態でした。
速くなるには、やはりプロのポジションを参考にすべきでしょうな。これまでの状態では下ハン持って肘をL字に曲げたときに、膝が腕の内側に深く入り込んで窮屈な感じがしていましたし。
ちなみに、元々付いていたステムは、RACEFACE REVOLUTIONの90mmの物でした。ステムというのは、小さいパーツだし材料代とか考えれば、一見そんなに高くないだろうと思うかもしれませんが、安くても数千円。普通に1万円とかするパーツです。やはりハンドルを支える一番力がかかる場所ゆえに、少々重たくても頑丈なのを付けた方がいいとも言われています。
増谷自転車で相談。店長のおすすめは、イーストンのEA90。普通のステムよりもパイプが太くて頑丈そうですがかなり軽量。イーストンのアルミステムのフラッグシップです。定価だと15000円オーバー。しかし、そこは増谷自転車。約25%オフの親切価格で、取り付けもしてくれました。
EASTONイーストンEA90-10°31
このたび3cm長い120mmのステムに換えたことによって、下ハンを握っての走行がかなり楽になりました。明日からの朝練はより戦闘的なポジションで走ることになります。

コメント