105から7900DURAにプーリー交換

12000km以上走ったので、そろそろ交換かなと思い、TCRのリアディレーラーのプーリーを105から7900DURA ACEに交換しました。

7900DURA ACEのプーリーは7800よりも1000円ほど安くなっています。交換の要因はこの値引きにありました。

105とDURA ACEの違いは、プーリーの軸の構造です。DURA ACEはシールドベアリングが入っていて当然回転がなめらか。105はは穴が空いているだけという感じです。

スラムのプーリーは圧倒的な回転の軽さと、横方向にガタがない構造ですが、DURA ACEのプーリーは意外にも回転がしぶく、左右にわずかにスライドするようになっていました。スラムのような性能を期待していたので少しがっかりです。

今回のグレードアップはそれほど体感できるものではないかもしれません。しかし、DURA ACEのシールドベアリング全般は異物が中に入らないように密閉性が高く敢えて回転を鈍らせているといううわさもあります。また、横方向にプーリーがスライドすることによって、変速性能の安定性を維持しているらしいです。

105のプーリーを外すと、油と砂でギトギトになっていました。メンテをしているつもりが、やはりガイドプーリーの裏側とか、掃除しきれない所はあるものです。時々プーリーも外して掃除した方がいいんでしょうな。

2 件のコメント:

  1. 初めまして!

    プーリー軸の動きについて、ちょっと気になりまして。

    プーリーの若干の動きは、シマノの特許らしいですよ!

    下記サイト(hを頭に付けてくださいね)
    ttp://www.patentjp.com/08/I/I100083/DA10010.html

    返信削除
  2. Siruさん初めまして
    ご訪問と、ご教示ありがとうございます。

    プーリーのあの細かい動きが、ギヤチェンジのなめらかさを実現していたんですね。
    勉強になりました。

    返信削除