西峠合同朝練 本気モード

昨日、I君から鬼牽き希望の朝練の誘いがありました。もちろん快諾。そしてコンディションを整えるためにエネルギーを摂取して、夜は朝練・昼練で疲労した太ももはテティスでしっかりマッサージ。やはりマッサージは筋肉の状態を回復させるのにはとてもいいと思います。

朝は無理なく起床。体重は72.8kgとベストシェイプ。前回の合同朝練のときよりも4kgも落としています。

志手原でI君と落ち合って、コースは西峠の山岳コースに決定。どこでもよかったのですが、山岳コースと分かっていたならコスミック・カーボンSLはなかったかも。まあ今までの経験では、ホイールの影響などやる気に比べれば微々たるものです。

スタートからいきなり鬼引きの掛け合い。緩い上りにも関わらず小柿丁字路までの平均時速は35kmを超えています。小柿渓谷ではさすがにスピードが落ちますが、心拍は上昇気味。アップダウンの区間ではしっかり変速して下りでスピードを乗せて次に来る登りを勢いで乗り越えていきます。I君は下りで力を抜く傾向にあるので、この辺でスタミナをロスしたと思われます。

後川を抜けていよいよ篠山側から西峠の登りへ。I君は一定のペースで牽きますが、登るほどにこちらの心拍は徐々に上昇。最初は時速20kmぐらいで、きつい区間でも時速16キロとハイペース。僕の心拍が170に達したところで、I君は悶絶して遅れ始めました。やはり体重を落とした効果は大きかったです。

西峠の頂上からは快速ダウンヒル。踏み倒して麓まで。I君は大きく遅れました。しばし待ってもうひとつきつい峠を越えて県道319号線を南下、県道68号線を西へ。志手原を経由して千丈寺湖を通って青野ダムへ。そこで合同朝練は終了。

コース
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=d28f887b0f8c61d9a2c30b38a48848a9

走行距離 50.6km +α
平均時速 31.8km/h
平均心拍 154
ケイデンス 88

コースレイアウトの割にはケイデンスが高かったです。やはり鬼牽きモードになると、ふだんは90そこそこで回しているところが、100を超えます。あまり強くない強度で走っているときはケイデンス100は苦痛ですが、強い強度のときはこちらの方が快適かもしれません。

今日は良い練習ができました。強度の高い山岳コースでもポジションによる体の痛みはありませんでした。

コメント

  1. お疲れ様でした。

    僕は西峠での最高心拍は180でした。
    下りではケイデンス0rpmでした…すみません。

    前々から歩いたら足首痛いので、病院行ったら靭帯伸びてる言われて4週間テーピングらしいです。春先のクリートセッティングわるかったのかな?
    とりあえず少し早めにシーズン終了になりそうです。
    もっと乗りたかった泣

    返信削除
  2. I君お疲れ様でした。
    なんと、いつも僕より10も心拍が低いのに、今回は逆に10も高かったのですね。
    ええー! 靱帯って重症じゃないですか。自転車はそんな悪影響ないはずですけどねぇ?ランニングが原因とかだったりしませんか?
    しかし、まだまだ自転車の季節なのに、ああなんてもったいない・・・。とりあえず養生してください。

    返信削除

コメントを投稿