15000kmメンテ プーリー、チェーン編

TCR ADVANCED 1 15000kmメンテ。次はプーリーのメンテとチェーン交換です。

今までプーリーはチェーンの清掃や注油と同じサイクルで、約250kmごとにスプレータイプのルブで注油はしていました。しかし、分解してのメンテは今回が初です。

この汚れよう・・・
P1010519

グリスなんか、ヘドロのように真っ黒になっています。
P1010520

パーツクリーナーで洗ったベアリング。これで玉がよく見えるようになりました。
P1010521
この後はおきまりのデュラグリスをぶち込んで組み付けるだけ。

しかし・・・

回転が重くなりました。
今までは指ではじいたら滑るようにブーンと回ったのですが、粘着して回転しなくなってしまいました。

これはデュラエースグリスの特性だから仕方がありません。デュラグリスは粘度が高いのです。粘度が高いグリスは、流出しにくく耐久性も高くなりますが、セラミック・ベアリングなどの回転命系のパーツなら、もっと粘度の低いグリスの方がいいのかもしれません。

次はチェーン交換。

これは3000kmごとにしています。
全体で2mmぐらい伸びていました。
上から吊して前と同じ長さの所でチェーンを切り、ギヤに装着。

ピンを差し込んで矢をぐりぐりと押し込んでいきます。この状態ではネジを回すのに抵抗がありますが、入りきったところですっと力が抜ける所があります。そこでストップ。でも、そこで回すのを止めずにさらに押し込むと、リンクの関節が動かなくなるので要注意。

P1010522

あとはペンチで出っ張りを折ればOK。

P1010523

コメント