活性酸素対策しなきゃ

最近トレーニングが本格的になってきた感じがしますが、それに伴って体をいたわっていかないといけないと痛感しています。

激しい運動をすると、活性酸素なるものが大量に発生します。

活性酸素は通常の酸素に比べて酸化させる能力が桁違いに強力であり、体をさびさせます。調べると、活性酸素は細胞や遺伝子も傷つけ、しわ、しみ、そばかす、白髪など老化の原因となるばかりか、ガン、動脈硬化、糖尿病、認知症、白内障などの恐ろしい病気を引き起こす原因となるらしいです。老化のメカニズムは活性酸素にあるという研究さえあります。

もちろん、適度な運動は肉体を健康にして老化を防ぐことは言うまでもありませんが、やり過ぎはやはり体にとって害にもなります。

速くなりたいからトレーニングをするのは当たり前ですが、度を過ぎて体が活性酸素まみれになってしまったら逆効果です。

活性酸素を除去するのは抗酸化作用のあるビタミンが有効。

特に、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンがいいらしいです。

食事から直接摂るのがベストですが、トレーニングをしている以上、マルチビタミン剤などのサプリを摂取することも心がけていった方がいいような気がします。

あと、僕がロードバイクを始めてからずっと愛用しているスポーツドリンク、粉末のエネルゲン。

活性酸素を調べて、これは恐ろしいと思いましたが、エネルゲンの栄養成分を見たら活性酸素の対策がかなり良くできていることがわかりました(他のスポーツドリンク比)。

これでほぼ1年分買いだめできます。もう3箱目かな?

エネルゲンの特徴としては、持久運動時のエネルギー補給を目的としたスポーツドリンクということで、体脂肪をエネルギーとして燃やしつつ、エネルギー源を確保していくというものがあります。

エネルゲンの100mlあたりの栄養成分

●エネルギー:24kcal ●タンパク質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5.5g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg ●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg ●ビタミンC:100mg●β-カロテン:0.6mg ●ビタミンE:0.2mg●アルギニン:200mg ●クエン酸:300mg

活性酸素を除去する物質として

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEも入っています。なかなかビタミンEが入ったスポーツドリンクはないんですよね。あとアルギニンも活性酸素除去に効くとか。

あとアルギニンは、動脈硬化や高血圧、痴呆、骨粗鬆症、胃潰瘍、肝障害、精力減退などの老化病にもいいようです。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどは体内のミネラルバランスを保って、よくある脚のけいれんなど筋肉の収縮が起こらないように抑えてくれます。

クエン酸はエネルギーの吸収を良くし、乳酸の生成を抑え、疲れにくくしてくれます。

炭水化物の成分は果糖が中心なので、急激な血糖値の上昇を抑えてくれるとか。

エネルゲンを飲んでいて良かったと思いました。

これからもあまり無茶せず、体をいたわりながら健康的に鍛えていこうと思います。

コメント