標高が分かると上りが楽しい?

普段はほとんど平地しか走ってなかったのですが・・・。
最近、カシオのG-SHOCKのガルフマスターというのをゲットしたのですが、これが気圧や標高、方位、気温なども表示できて、かなりの高機能。
 
試しに、乙原~永沢寺への激坂を登ってみました。デジタル部分に標高を表示するようにして走ってみると、2分おきぐらいで自動的に最新の高度が更新されていきます。坂が急になると、当然更新されたときの標高差も大きく、次第に一度の更新で30メートルとか35メートルとか増えていくようになりました。
永沢寺の峠の頂上で手動で計測してみると、598メートルとなっていました。ルートラボの標高とかなり差があるのは気圧の関係なのでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿