明るいライト、CAT EYE VOLT1200をゲット。

久しぶりに自転車関連グッズをゲットしました。ライトです。
これまでFenixのL2Dという単三電池2本で最大180ルーメンの明るさのペンライトを使ってきましたが、多分中に入れていたエネループが破裂して固着してしまい壊れてしまいました。そしてこのたび、最高1200ルーメンの明るさを誇るCAT EYEのVOLT1200をゲットするに至りました。

もうひとつ愛用しているのが単三4本で最高200ルーメンの明るさのDOSUN A1。電池ブラケット込みで265グラム。

このたびゲットのキャットアイ VOLT1200は、235グラムです。

大きさはDOSUN A1の方がボリュームがあります。

横から見た写真。
ハンドルに固定するベルトの部分ですが、VOLT1200が真ん中ほどにあるのに対して、DOSUN A1はだいぶ後ろ寄りになります。これはDOSUN A1の決定的な弱点です。重量的なバランスが偏るので、DOSUN A1を付けてがたがた道を走ると、路面からの衝撃によってだんだんとライトの角度が上に上がってきてしまいます。これはベルトを強く締め付けてもなかなか解消しづらいものがありました。
CAT EYE VOLT1200の方は、この点まったく問題ありませんでした。

で、明るさのチェック。公平を期すために、カメラはマニュアルモードでISO1600、絞り2.0、シャッター速度は1/50にセット。
DOSUN A1の一番明るいモード(200ルーメン)

そしてCATEYE VOLT1200の一番明るいモード(1200ルーメン)
VOLT1200は広範囲でかなり明るく視界を確保できました。カメラは暗めに映りましたが、肉眼で見るともっと広い範囲で視認性がありました。

ハロゲンライトの自動車のハイビームは1000ルーメンほどらしいので、1200ルーメンというのは、それよりも明るいことになります。

ちなみにブラケットは一個予備をゲットし、2台の自転車で共用できるようにしました。
明るさは三段階あって、1200ルーメンで2時間、450ルーメンで5時間、150ルーメンで17.5時間みたいです。150ルーメンでも結構十分な明るさを得られるので、長時間のスタミナを考えると安心感があります。
これで、夜の走行の不安がさらに解消されます。


標高が分かると上りが楽しい?

普段はほとんど平地しか走ってなかったのですが・・・。
最近、カシオのG-SHOCKのガルフマスターというのをゲットしたのですが、これが気圧や標高、方位、気温なども表示できて、かなりの高機能。
 
試しに、乙原~永沢寺への激坂を登ってみました。デジタル部分に標高を表示するようにして走ってみると、2分おきぐらいで自動的に最新の高度が更新されていきます。坂が急になると、当然更新されたときの標高差も大きく、次第に一度の更新で30メートルとか35メートルとか増えていくようになりました。
永沢寺の峠の頂上で手動で計測してみると、598メートルとなっていました。ルートラボの標高とかなり差があるのは気圧の関係なのでしょう。