2014年11月14日金曜日

恐怖 高速降りで前輪の共振

長い高速の下りストレートで怖い思いをしました。走っていたら前輪が左右に小刻みにぶれだしてハンドルを抑え込んでもどうにもならず、ゆっくりと減速して凌ぎました。

バイクは走行距離26000kmになろうという2007年アルミTCRと、ホイールは10000kmぐらいのアルテグラ6700です。

ネットで検索したら同じような現象に遭われた方の書き込みもありました。原因にはいろいろあるようです。フォークやホイールの剛性不足とか歪み、ヘッドやハブなどのガタとかの可能性もあるみたいです。

まず各部にガタはなく、またホイールにも振れはありませんでしたが、リムを横から押したときにブレーキ面に当たるぐらいの力というのが、TCR ADVANCEDとDURA ACE C35の組み合わせと比べるとだいぶ小さいように感じました。この辺りがフォークとホイールの剛性というべきものなのでしょうが、それが原因かは知りません。

なんか不安を抱えることになりました。より慎重な運転を心がけるようにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿