ヘッドパーツのガタ修正と後輪の振れ

前輪を持ち上げて地面に落としてみる。これでヘッド回りの異常が検出されることがあります。

ついこないだは、Mavic前輪のハブの締め付けが緩んでカタカタ言ってたので専用工具できゅっと締めて対応。今日はヘッドに僅かながらガタが出ておりました。前輪を持ち上げて地面に落とすと、なんかすごい振動が自転車全体に響き渡ります。ガタはわずかとはいっても気持ち悪いもの。久しぶりにステムのネジを緩めてヘッドキャップをしめて、調整を行いました。

カーボンコラムなので締め付けはほどほど。ガチガチじゃないから、振動が積み重なって徐々に緩んできたのかもしれません。たまにはメンテしないといけませんね。

コスカボ後輪もだんだんと振れが出てきました。ホイールが歪む前にまずスポークがねじれてくるんですよね。エアロスポークが曲がっていたら空気抵抗が悪いので、それをきゅっと直すとだいたい中のネジが緩みます。それで乗っているとまたスポークがねじれて・・・というのを繰り返すと振れが大きくなってきます。まだ許容範囲ですが、もうちょっとしたら振れ取りしないといけません。コスカボの振れ取りは、リムテープも取らないといけないのでちょっと面倒です。

0 件のコメント:

コメントを投稿