2012年9月1日土曜日

CATEYE V3nゲット

自転車グッズのラベルで投稿するのは今年初めて。今年はあまり新しい物ゲットしてないってことです。

このたび、もう4年は使っていたCATEYE V3のスピードセンサーが故障したので、新調しました。心拍計も故障して一回とっかえていますから、まあよく使ったなと思っています。

CATEYE V3は1115hの使用で、累積の走行距離は30031km + その前にリセットした4000kmあまりのデータがあるので、トータルの平均時速は30.5km/hぐらいになりました。

さて、新しいV3nは如何に。

P1000664

心拍計はバンドから取り外しができるようになっています。バンドはV3のよりもしっかりしていて、センサー部分と送信機部分が分離しています。分離することで耐久性もよくなったように見えますし、もし故障した場合でも、原因を特定して悪い方を交換すればいいです。過去に、V3の心拍計が故障して、心拍センサーを新しく買った経験を考えれば良いアイデアだと思います。

P1000665

スピード・ケイデンスセンサーは、V3と違うデザインになっていて、本体の方にケイデンスセンサーがあり、スピードセンサーはアームの先、チェーンステイの裏側にあります。

P1000712

実は、このスピード・ケイデンスセンサー、まさかの不良品を当ててしまいまして、購入後すぐに修理ということになってしまいました。数時間持たずして電池が使えないレベルまで電圧が下がってしまうという不具合でした。CATEYEに送って二日後に新しいのが届き、問題なく動作することを確認しました。

コンピューターの本体は、ケイデンスの数値が少し大きくなって見やすくなっていました。あと、ボタンが大きくなって押しやすくなっています。しかし基本機能に関しては、V3から大きく進化した部分はなさそうです。

V3を使っていらっしゃる方は多いと思いますが、V3を持っていれば、あえて新しいV3nを購入する必要はないと思います。しかし、これから新しくケイデンスと心拍計が付いた手軽なサイコンを購入しようと考えている方にはおすすめだと思われます。

V3の故障したタイミングは絶妙でした。もうちょっと早く故障していたら、このV3nはまだ出ていなかったわけですから、ゲットすることはなかったでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿