ジョー練 平地消耗戦

久しぶりにジョー練に参加してきました。

まずはジョー練開始前に、一人でコースを往復テンポ走。心拍は低めでしたが、Ave35.3km/hとふるわず。少しブランクを感じました。その後、しばらくゾーン2で立て直し。準備運動完了。

本日の参加者は、ちゃりマツさんとIMIさん。IMIさんはレース前の調整。

1本目
最初から先頭牽き。鬼牽きによって、一気に速度を上げて戦闘モードへ。これは事前でのテンポ走によって体を慣らしていたおかげですぐに順応。平常心拍からいきなりこの強度に上げられたら、疲労は簡単に抜けません。ここで主導権を握った感がありました。

その後は40km/hを下回らない高速ローテーションで、休むことは許されません。この強度での回復力は、ここのところ続けていたテンポ練のおかげでばっちりでした。

終盤、先頭に立つと横に伸びた影を見ながら、後続の飛び出しを警戒しながら走行。なかなか仕掛けてこないので、先頭からスプリント開始。後続には迎撃する余力は残っていませんでした。

テンポ練で鍛えたおかげで、平地で体力を削り取り、スプリントさせない展開に持って行くことができました。

2本目
1本目のスプリントで心拍は185まで上がりましたが、思いの外回復早し。またまた40km/hの牽きで後続の回復を許しません。IMIさん、ちゃりマツさんもどんどんスピードを上げていくので、2本目は1本目よりもさらに消耗戦に突入。後半、スプリンターのちゃりマツさんが無酸素領域の鬼牽きの後についに力尽き、その後は高速でiMIさんとのローテーション。最後の丘で踏み込むと、IMIさんもここで力尽き、独走でフィニッシュ。

最初に感じた不調はどこへやら、良い走りができました。地味に続けてきたテンポ走は確実に地力を向上させることを実感しました。

2 件のコメント:

  1. ゴマさんのブログ いつも本当に面白いですね~
    参加していない人にも状況が手に取るようにわかります。
    今日は鬼牽きすごかったです・・ 
    前回かなり牽かせすぎたので 今回はなるべく同じくらい私も引こうとしたのが間違いでした。 
    またよろしくお願いします。
    IMI

    返信削除
  2. IMIさん、いつもありがとうございます。
    今日のジョー練で、最近忘れていた鬼牽きの感覚が戻ってきた感じがします。
    これからもバンバン牽き倒せるように頑張ります!

    返信削除