2011年2月15日火曜日

3本ローラーでパンク?チューブ交換

昨日空気を入れたはずのTCR後輪がなんかやわらかい。8気圧が4気圧ぐらいに減っていました。スローパンクです。

しかし、ここのところ3本ローラーしかしておらず、異物を踏むことはありませんでした。チューブをタイヤから外して、洗面器に水を入れてパンク箇所を調べると非常に小さな穴が開いていました。今までで一番小さい穴で、よく見ないと気泡が出ているかどうかもわからないぐらいでした。

タイヤに異物がないかかなり入念にチェックしましたが、まったく見当たらず。原因がわからずに困り果てました。

で、原因を勝手に推測。

・3本ローラーは体重の載った後輪が二カ所の点によって支えられるため、車輪一回転での変形と内部のよれは実走行のそれ以上のものとなる。

・3本ローラーに負荷装置を用いずに時速45キロ、時に60キロ以上とか出しているため、ローラーの負荷は実質タイヤの変形による抵抗が大部分を占めていることになる。

つまり、、、、異物が刺さったことによるパンクではなく、タイヤ内部でのチューブへの過度のストレスが原因だったりして?

断定はできませんが、もしそうだとするとやはり負荷装置を付けてトレーニングした方がいいかもしれません。うーん、わからないだけに困りました。

とりあえず、チューブは交換しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿