2011年12月29日木曜日

昼練

今日もいつものごとく昼練。風が多少強かったですが、ぐいぐい踏んでいきました。最近短い昼練しかできてません・・・。まあ少しでも乗れるだけいいですね。

走行距離 13.5km
平均時速 32.8km/h
平均心拍 156
ケイデンス 87

2011年12月28日水曜日

剛脚養成マシン マグテックスツインゲット

室内トレーナーは三本ローラーを持っていますが、より強力な負荷をかけることができるという点では、固定ローラーに軍配が上がります。固定ローラーを活用して強くなっていく人も多いといいます。で、いつかは欲しいななどと思っていましたが・・・。

このたびはWiggleのお正月セールというのがあり、在庫品が最大50パーセントオフとなっていて、ふとローラー台のところを見たら、ミノウラのマグテックス・ツインが半額で、しかも送料無料というとんでもないことになっていました。これは買わねば損だろうと有無を言わさず即買い(今はもう売り切れてしまいました。それはそうだろうなあ)。そして、なんと関税もかかりませんでした。ラッキーなことに、2万円という格安でのゲットとなりました。

マグテックス・ツインというローラー台はミノウラのフラッグシップであり、ツインマグネット方式の負荷で640ワットもの強力な負荷をかけることができます。リモコンシフターは13段切り換えで、弱い負荷から凶悪かつ変態的な負荷まで幅広くカバーします。

P1030933

ミノウラのウェブサイトから、負荷レベルと速度に応じた出力の表がダウンロードできます。

最強のHモードで時速60kmを出すことができれば、1kWのパワーを出したということになります。

magteqstwin

例えば僕の体重の場合、西峠で16分フラットを出そうと思ったら318Wのパワーが必要なので、だいたいそれらしき数値の示す負荷と速度で16分持ちこたえれば良いということになります。というか無茶です。300ワットの維持はとても大変です。ちなみに15分フラットだと、348ワット・・・。これは減量した方がよっぽど良いという話です。

3本ローラーは自転車に乗っている感覚がありますが、固定はまるで筋トレマシーンです。

あと3本ローラーだとタイヤはあまり摩耗しませんが、固定だとかなり摩耗するということです。今のところ、テレビ見ながらちんたらLSDだったら3本で、短時間高強度のトレーニングは固定という使い分けをしたらいいかなと思っています。あくまで実走メインなので固定ローラーにどれぐらいはまるかわかりませんが、もしパワーヲタ化して固定でバンバン練習するなんてことになったら、タイヤは減るし専用クイックは重いしなどの理由で、ローラー専用の後輪を入手する必要も出てくるかもしれません。

昼練

昼練に行ってきました。ここのところ強度の高い昼練ができているのは、厳寒と暗闇のために朝練ができてないから力が余っているのでしょう。

一応、朝は軽く三本ローラーやっているのですが、録画した番組を見ながらとか、ちんたら回している程度です。しかし、新兵器が届いたのでこれからはがっつり鍛えられるかも・・・。

走行距離 13.5km
平均時速 33.4km/h
平均心拍 165
ケイデンス 86

2011年12月26日月曜日

昼練

今日は雪が舞って寒かったです。寒風にさらされて過酷な走りでした。最近あまり走れていないですが、ぼちぼち乗っていこうと思います。しか、本当に自転車には過酷な季節になりました・・・。

走行距離 13.5km
平均時速 32.5km/h
平均心拍 163
ケイデンス 86

2011年12月24日土曜日

昼練

昼間でもけっこう冷えました。今日は土曜日ということで、自転車で走っている人も何人かいましたが、寒そうでした。寒いので、強度を上げて走りました。

走行距離 13.5km
平均時速 33.0km/h
平均心拍 163
ケイデンス 90

2011年12月22日木曜日

昼練

久しぶりに昼練しました。落ち葉が舞い散り、風が重い・・・。でも、運動して気持ちよかったです。

走行距離 13.5km
平均時速 32.6km/h
平均心拍 159
ケイデンス 87

2011年12月14日水曜日

アナトミック下ハン握り方あれこれ

アナトミックハンドルは握るポジションが固定されるという評価をよく目にします。確かに、丸ハンやコンパクトハンドルをアナログとしたら、アナトミックの握り方はデジタル的でポジションに制約があると考えられているようです。

確かにそうかもしれませんが、でもアナトミックハンドルはいいですよ。丸ハンはかつて使用、今コンパクトも使用していますが、アナトミックハンドルにはそれらにはない特徴があります。

自分なりにアナトミックハンドルのいろんな握り方を使い分けているので、それを紹介します。ハンドルはPRO VIBE7S アナトミックです。特徴としては、極太で高剛性。低速から重たいギヤでぐいぐい行くような漕ぎ方でも、ハンドルはがっちりとパワーを受け止めてくれます。

注意・・・あくまでも我流です。

シッティング鬼漕ぎポジション
P1030889
一番肘を下げて上体を低く構えられる握り方です。アナトミックハンドル特有の直線的な部分が握りやすくなっています。シッティングポジションで高速巡航したり全力で加速したりするとき、また下りに有効です。

ブレーキングポジション
P1030890
上の状態から指をレバーにかけます。減速Gを手のひら全体で受け止めます。下りでよく使います。

平地巡航ポジション
P1030891
手の位置は下の方になります。特徴としては、バーの下の部分に体重をかけて上体を支えます。ハンドルは握りしめずに指を軽く回して添える程度です。握るというよりも乗っけているのに近い感覚です。ハンドルに余計な力が掛からない場合、淡々と平地を巡航するときに有効です。

パワーポジション
P1030892
上の巡航ポジションからさらに手の位置が下がった握り方です。小指、薬指でハンドル下部をがっちり握ります。親指と人差し指はハンドルの斜めになっている部分を挟み込みます。高速巡航時はもちろん、アタック時、ダンシングを使う場合にもがっちりとハンドルをホールドできます。

リラックスポジション
P1030893
バー下の直線部に体重を預ける感じで握ります。この握り方はどうしても手の位置が手前になってしまい、安定感に欠け、大きな力が加わるスプリントではパワーの伝達が悪いので向きません。あまりこの握り方はしませんが、時々他のポジションから手を休める意味で持ったりします。

スプリントポジション
P1030894
角の部分をがっちりつかみます。バイクを左右に振るような力が掛かったときに、直線の棒状の部分を握るよりも遙かに安定感が高いです。最強スプリンターのカヴェンディッシュもPROのアナトミックハンドルを使用していますが、写真を見るとゴールスプリントのときにこんな感じで握っていたりします。

ブレーキに近い直線の部分を持って上体を低くしてスプリントする選手もいますが、やはり力がかけづらく感じました。

アナトミックハンドルにもいろいろな形状がありますし、ハンドルを送ったりしゃくったりすると下ハンの使用感が一変するので万人向けの情報ではありませんが、シーンによって様々な握り方を使い分けると楽しいもんですよ。

昼練

暖かい昼練に行ってきました。

最初はちんたら走っていましたが、そのうちスプリントなども織り交ぜるように走り、もがいては数十秒休憩、またダッシュというようなことを繰り返しました。最初の4本ぐらいは時速50kmまで加速。そこからだんだん勢いがなくなっていきました。とはいえ脚はそんなに疲れず、全力を出し切れていない感じでした。

走行距離 13.5km
平均時速 30.5km/h
平均心拍 144
ケイデンス 80

氷点下朝練

今日も氷点下朝練に行ってきました。まあ、慣れれば-2℃はどうってことはありません。

今日は一人ジョーレイカーズ。変速の調子も良くなって、平地コースを走ってきました。さすがに氷点下だと、速度維持が大変です。時速30をキープするには心拍150とかになったりします。

走行距離 29km
平均時速 29.5km/h
平均心拍 148
ケイデンス 83

2011年12月13日火曜日

11-28Tディレーラー調整方法

11-28Tを付けて、やっかいだった変速調整がようやく何とかなりました。といっても、完璧といえるのかどうか・・・。

スプロケを購入した増谷さんところでも、「11-28Tは調整がやっかいで必ずカタカタいう」というのを耳にしてはいましたが、なるほど意味が分かりました。

原因は、Bテンションアジャストボルト

このネジの設定方法は。ローギヤでクランクを逆回転させたときに、がたがたプーリーが踊らないようにスムーズにチェーンが回るぎりぎりまでプーリーとスプロケを近づけるように設定します。

はい、しました。

でも、ローギヤは28Tで、トップギヤは11Tなので、その差はあまりにでかいです。

なので、トップギヤに変速していくと、28Tで合わせたプーリーの位置はどんどんスプロケから離れていきます。

するとどうなるか。

変速操作でガイドプーリーがちゃんとした位置に動いたとしても、プーリーとスプロケの距離が離れていると、チェーンの遊びによる横方向へのひずみが大きくなり、うまくチェーンがスプロケのギヤのラインに乗りません。

変速不良はローギヤ側では起こらず、トップギヤに近いところでシフトアップ、シフトダウン両方で起きていたので、原因がはっきりしました。

解決方法

Bテンションアジャストボルトを思い切って緩めます。ローギヤ、クランク逆回転で多少暴れようと気にしません。クランクを正回転させたときに大丈夫だったらいいのです。

そして、トップギヤ付近の変速具合を確認。

ビンゴ!

ばっちり変速するようになりました。とりあえず良かったです。

昼練 やはり変速の調子悪し

今朝は早朝ウェットだったので、朝練は断念。ローラーを一時間ぐらいしました。昼はいつものごとく昼練に行きました。

昨日リヤ変速の調整はしたものの、やはり完全ならず。17Tと15Tの間のシフトアップでもたつきが発生。昨日はディレーラーをこれでもかと調整したので原因は他に違いありません。スプロケの取り付けから見直さねばと感じました。

スプロケをフリーにはめ込むと、締め付ける前の段階では一定のガタがあります。例えば一枚を時計回りに、もう一枚を反時計回りに引っ張ってみると思ったよりも動きます。この動きを封じて美しく歯が並ぶように締め直さなければなりません。取り付けるときにこれを怠っていた気がなんとなくします。

もちろん砂粒一つまでも取り除くことを忘れずに・・・。

あとはフレームへ正しくセンターを出してホイールを取り付けること。そしてディレーラーの調整をまた一から・・・。

走行距離 13.5km
平均時速 33.3km/h
平均心拍 158
ケイデンス 86

2011年12月12日月曜日

昼練 11-28Tは変速調整がシビア

今日も昼練。強度高めで走りました。

どうも、リア変速の調子がベストではありません。11-28Tのギヤはロー側は極端にでかく、ハイ側は極端に小さく、変速調整はかなりシビアなのだそうです。

説明書によると、チェーンは28Tになると長くなるし、張り方に関しては28Tだけ専用の張り方が指定されています。28Tは異端児のようです。

いろいろ変速をいじってみましたが、シフトアップ、ダウン中、どこかで微妙に音鳴りや滑りが発生。また今日中に、基本に忠実にリヤ変速を調整してみます。

走行距離 13.5km
平均時速 32.6km/h
平均心拍 161
ケイデンス 84

28Tデビュー 朝練 -3℃

結構寒かったですが、朝練行きました。出足は特に顔が冷え、そのうちに指先が冷たくなり、緩い登りでだんだん全身が温まり快適に走れるようになってきました。

激坂で28Tギヤを体験。今まで全身使ってぐりぐり登っていた坂が、普通に近いペダリングで登ることができました。ただ、漕いでも進んでいかないのは仕方がないところ。でも長い登りなら、背筋とかが痛くならないで済むかもしれません。

続くダウンヒルでは、脚のつま先も凍えました。

走行距離 30km
平均時速 29.7km/h
平均心拍 153
ケイデンス 85

2011年12月10日土曜日

パールイズミ福袋2012ネタバレ

パールイズミの福袋の中身はこれでした。

プリントジャージSUBARU 上下セット。
P1030885

プレミアムウィンドブレーカー黒 と 指切りグローブ白。
P1030886

以上、一式セットが入っておりました。ずいぶん得しました。

11-28T装着

昨日購入したばかりの11-28Tのアルテグラスプロケットを早くも装着してしまいました。

ついこないだ12-25Tの新品を付けて、まだ250kmほどしか走っていませんが、今日、昼練後チェーンチェッカーで伸び率を測るときに、ちょっと力を込めて押し込んでみたら根本まで入り、0.75パーセントチェーン伸びを確認。

新しいチェーンを切るには、28T対応の長さにしなければ今後使えないので、スプロケを11-28Tに交換。

P1030882

そして新しいチェーンを28Tに合わせて張りました。

下は、前後小さいギヤ同士のとき。ディレーラーは折りたたまれ、余ったチェーンを後ろに引っ張りつつ、十分な張力を確保。

P1030883

そして大ギヤ同士の組み合わせ。

P1030884

テンションプーリーが前に引っ張られながらも、確実に動作。

さて、明日は走れないので、実走インプレは月曜日以降です。

昼練

今日は昼も寒かったですが、重装備で行ったため汗だくになりました。朝練でローラーもするのですが、この強度はとても維持できません。実走は苦しさよりも気持ちよさが勝りますが、どうもローラーだと気持ちよさがなくて苦しさしかないので・・・。

走行距離 13.5km
平均時速 32.8km/h
平均心拍 159
ケイデンス 88

2011年12月9日金曜日

11-28Tカセットをゲット

今日は強烈な冷え込みでした。自転車で床屋に行き、髪を短く切って、トニックつけときましょうか?と言われ、頭皮マッサージをしてもらい、その後自転車で吹き付ける風で頭が完全に凍えました。いつもは気持ちいいトニックですが、冬場はきついです。

その後、増谷自転車に行って、11-28Tのカセットスプロケットをゲットしました。今日は、お知り合いの方々がたくさん来店されてました。

P1030881

今まではずっと12-25ばかり使用してきましたが、クランクが53-39Tなので、きつい上り坂ではケイデンスが落ち込んでしまいます。このような場合に適正なケイデンスで走るためには、28Tは良い選択だと思われます。あと11Tによって、トップスピードも上昇。ワイドレシオでオールラウンドなコースに使えるので、期待大です。

これを装着するにはチェーンの長さを合わせたり、ディレーラーのネジを調整する必要があるので、次回のチェーン交換まで待ちです。今のチェーンはもう6000km走っていますから、交換時期といえばそうなのですが、まだ伸び率0.75に届かないので使っています。様子見ながら、導入したいと思います。

さて、ギヤ比はどうなるのか。まとめました。

ギヤ比 クランク53×39T / スプロケ11-28T

  11 12 13 14 15 17 19 21 24 28
53 4.82 4.42 4.08 3.79 3.53 3.12 2.79 2.52 2.21 1.89
39 3.55 3.25 3.00 2.79 2.60 2.29 2.05 1.86 1.63 1.39

ケイデンス90での速度km/h クランク53×39T / スプロケ11-28T

  11 12 13 14 15 17 19 21 24 28
53 54.5 50.0 46.1 42.9 40.0 35.3 31.6 28.6 25.0 21.4
39 40.1 36.8 34.0 31.5 29.4 26.0 23.2 21.0 18.4 15.8

11-28Tのスプロケでは、16Tがないので、前アウターで17Tのときにケイデンス100のときに時速39.2km/h。そこで15Tへとシフトアップすると、ケイデンスが89まで落ちる計算です。19Tと17Tの落差もケイデンス10ぐらいありますが、全ギヤの中で一番速度差、ギヤ比の落差が大きいのが15と17の間となります。

ジョー練平地コースでの巡航速度域と合致するので、合同平地練には向いていないかもしれません。そこが欠点。

しかし、28Tのおかげで時速12kmに落ちてしまうような激坂であってもケイデンス70近くに保てるのは優位と言えます。25Tではケイデンス60台前半です。ちなみに、フロント39Tリア28Tのギヤ比は、コンパクトの34T×25Tに近づきます。

これならコンパクトクランクにしてもいいんでは?という話が出てきますが、剛脚の象徴であるビッグクランクを守りたい気持ちがあります。

そこで、ビッグクランク11-28のコンパクト11-25に対する利点を。

・フロント変速の速さ。やはり、ギヤの落差が少ないのですぱっと決まります。あと、フロントをシフトアップした場合、ビッグの場合はだいたいリヤ3段分重くなりますが、コンパクトの場合は4段分重くなるので、リヤをシフトダウンして調整する場合もビッグの方が早いでしょう。

・フロント変速の頻度の低さ。11-28Tのワイドレシオは強力です。恐るべきことには、フロントインナー、リア11Tでケイデンス90rpmのとき速度は40km/h。これならインナーだけでいいんじゃねという話にもなりそうです。逆に時速20kmも出ていたら、常時フロントアウターでも可という状態。頻繁にフロント変速をしなくてもよくなります。

・チェーンやギヤの負担が減る。やはり39Tと34Tでは、てこの関係でチェーンに掛かる力が違ってきます。あと前後ビッグギヤはチェーンも長いし、重量面で不利ですが、その分受け持つ容量があるので耐久性が高いと見込まれます。

まあ、色々理屈を述べるよりもまずは使ってみないといけないですね。インプレは後日ということで。

2011年12月7日水曜日

CRC恐るべし

昨日は、34,860円相当のウェア類が10,500円で買えたパールイズミの福袋で得した気分になっていたところでしたが、さらに今日以前注文した物が送られて来ました。

イギリスのCRCという通販サイトでちょっと前に全商品送料無料キャンペーンをやっていて、どんなに安くてちっこい物でも日本まで無料でお届けという状態でした。残念ながら今は終わりましたが。今も送料無料という未確認情報あり。

下のペダルレンチを£5.24で買いました。

P1030878

今まで使っていたやつは、安いツールキットの中のひとつだったので、柄も短くて、ペダルの取り外しに力がいって苦労していました。今回ゲットのは柄が長いので、楽々回せそうです。

P1030879

が、たかだか数百円の物をイギリスから送料無料で取り寄せるとなると、店は絶対に赤字。心苦しく思って、下の£10.49のサングラスも同時に注文しました。

P1030880

クリアレンズなので、夜練で重宝すること間違いなし。

値段の割にはハードケースもソフトケースも両方付いていて、良さそうです。

両方ともユーザーレビューで良かったので、品質は大丈夫と思います。

良い買い物だったなあと思っていたところ、さらにすごいことが。

送られて来た箱の中には、次回の買い物で£10割引してくれるクーポン券が入っていました。あまりのすばらしさにたまげました。

昼練

今日も昼練。朝の疲労がちょっと残っていたので、抑え気味に走りました。

走行距離 13.5km
平均時速 29.9km/h
平均心拍 140
ケイデンス 84

朝練

水曜のジョーレイカーズ練はしばらく休止ですが、今日も元気に朝練。2℃ではまだまだ寒くはありません。

今日は三田ループから千丈寺湖テンポ走45分、残り15分をゾーン2で復旧。という感じでした。

走行距離 30km
平均時速 30.0km/h
平均心拍 153
ケイデンス 83

2011年12月6日火曜日

昼練

さくっと昼練に行きました。年内、ジョーレイカーズ合同練習はないということなので、明日のための姑息な調整は必要なし。トレーニングモードで行きました。

しばらく一人ジョー練ですな。

走行距離 13.5km
平均時速 33.3km/h
平均心拍 158
ケイデンス 89

朝練

今日も朝練に行ってきました。昨日よりは強度は低め。

2℃でしたが、全然寒くなく気持ち良かったです。しかし、さすがに空気は重たくて風も強く、スピードはあまり上がりませんでした。

走行距離 29km
平均時速 28.1km/h
平均心拍 140
ケイデンス 86

2011年12月5日月曜日

パールイズミのお買い得福袋

なんと3万円相当のウェア類が10500円で買える福袋が出ています。

実は2010年正月にもゲットしましたが、25000円相当でお得感がありました。今はウェア類は充実していますが、今年は何と言っても3万円分ということなのでさらにお得に。

これは買ってしまいそうです。

朝練

最近いろいろと仕事が早くて朝練ができていませんでした。今日はなんとか朝練。しかし六時半でもまだちょっと暗いです。気温も出発時はマイナス1℃。

最初は寒かったですが、走っている内に体が暖まってきました。今日はテンポ走を心がけました。

走行距離 30km
平均時速 30.6km/h
平均心拍 159
ケイデンス 83

寒いと強度の割にスピードが上がりません。

2011年12月2日金曜日

昼練

今日もゆったりと昼練。寒かったです。昨日よりは回復してきた感じですが、無理はせずにのんびり走りました。

走行距離 13.5km
平均時速 26.3km/h
平均心拍 123
ケイデンス 85

2011年12月1日木曜日

昼練

今日の昼練はアクティブリカバリーでゆっくりゆっくり走りました。

新しいアルテグラのスプロケに交換して、変速の感覚が激変。小気味よい変速フィールは、なにげに感動でした。

走行距離 13.5km
平均時速 24.4km/h
平均心拍 122
ケイデンス 85

2011年11月30日水曜日

スプロケ交換しました

本日四回目のブログ更新。よく走り、また自転車ネタがいっぱいの一日でした。

交換したのはキシリウム・エリートのスプロケです。SRAM製で、もう16000km走っています。

P1030876

工具があれば、さくっと交換可能。まばゆく輝いているのは、アルテグラのスプロケです。サイズは12-25で変わらず。

P1030877

最初の印象としては、SRAMのスプロケはダイレクト感がある変速でした。それに対してシマノのはスムーズ。SRAMのはだいぶ使い込まれて、変速性能が少し劣化。特定の場所でのシフトアップはジャコジャコ・ガコンという感じ。評価していたダイレクト感は、シフトダウン時の大きな変速ショックと変わっていきました。

交換後の新品シマノの変速性能はスムーズそのもの。まだ油で汚れていないのもあってか甲高い金属音を響かせながら、チェーンがスパスパ移動して気持ちがいいです。

キシリウムエリートの走りが明日からちょっと変わりそうです。

キシリウム・エリート異音対策

けっこう使い込まれたキシリウム・エリート。昨日、異音に気づきました。スタート時にペダルを踏み込むと、なにやら後輪からカコーンみたいな複数の音が鳴るようになりました。普通の走行時にはどんだけ踏んでも音は出ません。ゼロスタートのときだけ。

ひとしきり原因を探ると、どうもスポークから音が出ているようでした。

壁に前輪を当てて前に行かないようにして、ペダルに体重をかけると音が鳴り、踏み込む力を緩めるときにもう一度鳴りました。

原因特定完了。リムが動かない状態でハブにトルクがかかったときに、スポークが伸びてクロスしているスポーク同士が摩擦するというものです。

P1030870

このようにスポーク同士が編み込まれているような感じで接触しています。反対のフリー側はラジアル組でまっすぐになっているので大丈夫です。Mavicの技術であるイソパルススポーク組みというパターンで、左右の張力を均一化してパワー伝達や安定性を高めているそうな。

下はコスミック・カーボン。こちらはさきほどとは逆でフリー側がクロス組みになっていますが、スポーク同士は隙間があるのでこすれたりしません。

P1030873

下はシマノのアルテグラホイール。こちらは左右どちらもクロス組みになっていますが、こちらも隙間があるのでスポーク同士は干渉しません。

P1030874

ともあれ、スポーク同士がこすれて音が出るというのは好ましい状態ではないので、接触面にデュラエースのグリスを塗っておきました。これで何とかなるでしょう。

久しぶりジョーレイカーズ練

久しぶりにジョーレイカーズ練に参加。今日は中止になると思っていたのですが、志高い方々が結集して昨夜開催が決定。

昨日、一昨日と獲得標高2000m以上、距離は200km以上を走り、車を運転して夜遅く三田着。練習は早朝なので回復時間は少なし。車運転しながら片手で太ももをマッサージしたりとかしてました。

朝起きたら予想通りだるだるでした。今朝は気温は6.5℃とそれほど寒くはありませんでしたが、濃霧。ズランさん、TRSさん、お初にお目にかかりますYさんが出走。足を故障して今は乗れないIMIさんも応援に駆けつけてくださいました。

濃霧だったので視界は悪かったですが、なんとか安全は確保できそうだったので練習開始。曇るのでサングラスは外しました。これだけ湿度が高いと目も乾かないし虫も埃も飛んでこないでしょう。

一本目
ズランさん、僕、TRSさんの順番でローテーション。Yさんはジョーレイカーズトレインから早々に脱落してしまいました。今日は心拍が上がらず。やはり疲労がたまっています。速度もいつものような40kmをキープできませんでした。最後、ズランさんとペースを上げていきましたが、スピードは上がらず、持続力もなく、最後のズランさんのアタックの前に敗れ去りました。

二本目
一本目と同じ順番でローテーション。最初ズランさんが流しながら先頭。その後僕が引っ張って速度を上げて森を抜け、TRSさんに交代。その後はまたズランさん。Yさんは付いて来れず。今日は連続したアタックを放つことができず、後ろでの回復力もいまいち。疲労なのか、それともあまりトレーニングできていないから遅くなっているのか、両方か。坂を先頭で抜けたところでまたもやズランさんの猛烈なアタック。これを潰すことができず、まただめでした。

ズランさんはレースに向けて順調に仕上がっている感じがしました。僕も早く調子を取り戻してガンガンアタックかけまくるようにしたいです。

霧のせいで、ヘルメットからは水滴がしたたり落ち、終わったときにはバイクも服もびしょびしょでした。

帰省練

久しぶりに帰省したので、いつもとは違うコースを走りました。

一日目
能見坂~藤坂峠
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7fbaada626e2aba16a9879b81663b215

二日目
獅子ヶ岳
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5fbadc90323e5a1fd1409e3e85f763c8

獅子ヶ岳の展望台から一枚。曇っていて景色がいまいち。
P1030869

他にも伊勢湾とか宮川沿いのコースを気分転換にポタリング等。曇っていてせっかくの景色はいまいちでしたが、暖かく風もほとんどなくて、とても走りやすかったです。

最近山登りが好きになってきました。しかし、これぐらいの長い登りだと登っている最中、腰回りの背筋が痛くなってきます。これはあまり乗れていない証拠で、冬場とか走行距離が少なくなってくると平地でもこのような現象が起こります。

一日目の帰り、かなり暗くなったところで信号で減速しながら車道から歩道に乗ろうとしたところで、浅い角度で進入してしまい、わずかな段差に足下を取られて前方に顔から落車。まさかの出来事でしたが、瞬時に両手を付いてセーフ。膝をちょっとすりむいた程度で済みました。段差ではなくスロープだと思い込んだのが誤ちでした。

自転車は車道が原則というルールの見直しがされている中なので、やはり車道を走らねばならないということを身をもって痛感したのでした。

二日間で走行距離は200kmほどでした。

2011年11月26日土曜日

昼練

今日も昼練。高めの強度で連続乗れているのは、朝練ができてなくて疲労がないからだといえるでしょう。

昨日に比べると風も穏やかで走りやすかったです。とはいえ、一度心拍が上がると、あまり踏まなくても呼吸がずっと苦しいままです。でも少しずつ体力が戻っているような気はします。

今日は土曜日ということで、何台か自転車とすれ違いました。

走行距離 14km
平均時速 34.2km/h
平均心拍 163
ケイデンス 85

2011年11月25日金曜日

昼練

今日もなんとか昼練。強度を高めながら行きますが、一度心拍が上がってしまうとちょっと強度を下げても心拍はなかなか下がらない状態。乳酸がたまりっぱなしのような感じです。乳酸処理能力低下中。

風と闘いながら、力強く踏み込んでいきました。

心拍が高かったので、最後にクールダウンを入れましたが、心拍がゾーン1まで下がるのにかなり時間を要しました。

走行距離 14km
平均時速 33.4km/h
平均心拍 165
ケイデンス 84

2011年11月24日木曜日

昼練

ちょこっと走ることができました。

ここのところ忙しくてなかなか乗れないのですが、来年も多分今年以上に忙しいでしょうなぁ。

今日は強力な西風でした。短い練習で体力を維持するには、ちょっとがんばった走りをしなければなりません。無茶しない程度に頑張りました。

走行距離 13.5km
平均時速 32.8km/h
平均心拍 157
ケイデンス 88

2011年11月20日日曜日

昼練

なかなかトレーニングができません。明日からまた出払います。今日は辛うじて短いながらも走ることができました。

全体を通して風が強かったです。特に北風が強力で、平地で心拍170で25km/hしか出ない区間がありました。

走行距離 13.5km
平均時速 32.8km/h
平均心拍 163
ケイデンス 90

2011年11月18日金曜日

ワイヤーグリスアップのすすめ

久しぶりのメンテ記事です。

後ろブレーキがどうにも渋く、軽い力でゆっくり引くと、指先にかくかくするような抵抗が感じられる引き具合になっていて、これはブレーキワイヤーにグリスアップしないといけないなと感じていました。

シマノのスペシャルグリス三兄弟。

P1030863

左はDURA-ACEの名を冠したグリスで、粘度が高く、強力です。色は黄色。

真ん中はフリーハブ専用のグリスで、粘度は低く、やや透明な白。

そして、右はシフト、ブレーキケーブル用のグリスで、粘度は低く、色は白。

例えばDURA-ACEのグリスは、耐久性があり、力のかかる部分のベアリングに使ったり、ネジの固着防止に使ったりといった使い方ができますが、粘度が高くて固いので、繊細な部分に使うと抵抗が増えてしまったりします。

他の二種類のグリスは、それぞれ専門に特化した作りになっています。

というわけで、ワイヤー用は黒ラベルのグリスです。

後ろブレーキのインナーキャップを外して、ワイヤーを止めているブレーキのボルトを外し、ブレーキレバーからインナーケーブルを引っ張り出して、一度ワイヤーを拭き取って脱脂し、専用グリスを塗布。再び、インナーケーブルをセットして、ブレーキに張り直し、新しいインナーキャップをかぶせ、ニッパーで締め付け。作業終了。

引き具合は明らかに軽く、引き始めから終わりまで、ぬるーーーって感じでかくかくした抵抗は一切なし。作業前と作業後の違いは歴然で、感動的です。

後ろブレーキはスピードコントロールでタイヤをロックさせないように繊細な操作が必要なので、このたびのグリスアップはかなり有効なメンテナンスとなりました。

ワイヤーのグリスアップ、これはおすすめです。黒ラベルのグリスをゲットしてぜひ挑戦してみてください。

久しぶりの昼練

またまた久しぶりのロードバイク練となりました。最近出払う機会が多く、なかなか乗れません。

体力の衰えも気になるところなので、しっかりトレーニングしたいです。

・・・しかし、連続出張はまだまだ終わりません。

走行距離 13.5km
平均時速 33.7km/h
平均心拍 163
ケイデンス 90

結果は、心拍高めになりました。トレーニング不足の傾向が現れています。

2011年11月8日火曜日

昼練

今日もこの時期特有の強い北風。どんどん寒くなりますねえ。今日はあまりスピードに乗れませんでした。風が強烈でした。

もしかしたら知っている方かもしれませんが、女性のローディーとすれ違いました。

走行距離 13.5km
平均時速 31.0km/h
平均心拍 147
ケイデンス 87

朝練 西峠

久しぶりに西峠に行ってきました。実に一ヶ月ぶり。

TTだと負担が大きいので、有酸素のテンポ走。18分45秒。前回は18分32秒。やはり弱体化しています。やはり乗った分だけ結果は出るというもんですな。

また海外出張のため、10日間ぐらい乗れません。心肺機能維持のためにジョギングでもできたらいいですが、灼熱のタイでは無理でしょう。

走行距離 41.2km
平均時速 27.5km/h
平均心拍 144
ケイデンス 82

2011年11月7日月曜日

昼練

今日はやや気温が低くなりました。この時期特有の北風があり、ようやく11月らしくなったかなというところです。

負荷を高めるとやはりケイデンスが上がります。リズムよく走れたと思います。

走行距離 13.5km
平均時速 33.2km/h
平均心拍 155
ケイデンス 92

2011年11月5日土曜日

朝練

快調に朝練。ケイデンスを落として走るつもりが、強度高めだったのでついつい回転数が上がってしまいました。重たいギヤでこぐ訓練をするつもりだったのに、不発。

最後、前を走っていたゆるめのロードの方のペースに合わせて、クールダウンを長めに取ったので平均時速は落ちましたが、改めてクールダウンの大事さを学ぶきっかけとなりました。

気温 15℃
走行距離 45.5km
平均時速 31.6km/h
平均心拍 155
ケイデンス 88

2011年11月4日金曜日

昼練

心肺機能が戻ってきました。最近は満足に走れる時間があまりないので、ちょっとでも走れることがありがたいと思うようになりました。

体力を落とさないように頑張ろうと思います。

走行距離 13.5km
平均時速 32.4km/h
平均心拍 147
ケイデンス 90

2011年11月3日木曜日

昼練 復調ぎみ?

今日も昼練。昨日はしんどかったですが、しんどさのあまり追い込んだ走りというわけではなかったようで、今日は普通に回復していました。

で、調子も戻ってきたようです。

後半は千丈寺湖の狭い道を車の後ろで減速しながらでしたが、そこそこ速く走れたのでよかったです。効率よくパワーをかけられるようなペダリングを意識してみました。

走行距離 13.5km
平均時速 35.0km/h
平均心拍 158
ケイデンス 92

2011年11月2日水曜日

昼練

昼練に行ってきました。11月なのに半袖で走れるのは近年ないことです。暖かい日です。

気持ち良く走ることができました。

走行距離 13.5km
平均時速 30.1km/h
平均心拍 143
ケイデンス 89

久しぶりのジョーレイカーズ練

三田ループのジョーレイカーズ練に参加してきました。6時50分集合、そして1分置きにタイムトライアル形式でスタート。

今日はharetokiさん、ズランさん、IMIさんと四人が集合。出走順は、IMIさん、ズランさん、haretokiさん、そして僕です。

あまり練習できていないので、今日はだめだめだろうなと最初から気合いが足りませんでした。出走時のタイムラップも取り忘れました。

心拍もいつもよりも上がりすぎでした。前回は171がいい感じだったのですが、今日は183とかまで普通に上がってしまっていました。脚は余っていたのですが、踏みたいけどこれ以上踏めないぐらい心臓に負担がかかっていました。

結局前走者の方々に追いつくことはまったくできず、志手原の信号で合流しましたが、だいぶ待っていてもらった感あり。しかもここでチェーン落ち・・・。

それからは各自のペースで走行となりましたが、唯一よかったのは琴引峠の頂上間際にharetokiさんを抜いたことでしょうか・・・。終了間際、ズランさんに追いつこうというところまで行きましたが力尽きました。

トレーニングをしていないと心肺能力は筋肉よりも落ちるのが激しいと感じました。

もっと走らねば・・・。

走行距離 38.5km
平均時速 29.6km/h
平均心拍 160
ケイデンス 89

2011年11月1日火曜日

久しぶりに朝練

最近ほとんど自転車に乗れなくなってしまっています。10月の走行距離はわずか581km。いつの間にか11月になっていました。

さて、今日は久しぶりの朝練。朝練としては10/14以来です。2週間以上も朝練していないなんて、ありえないことです。

気温 10℃
走行距離 45km
平均時速 30.1km/h
平均心拍 153
ケイデンス 87

ちなみに9/23の朝練は同じ気温でした。
気温 10℃
走行距離 45km
平均時速 30.6km/h
平均心拍 148
ケイデンス 88

走っていないと、この退化ぶりです。

2011年10月27日木曜日

久しぶりに汗をかきました

長らく自転車に乗ることができず、久しぶりに乗りました。ちょっとですが、天気も良く気持ち良く走ることができました。

寒い国にいたので、汗をかいたのは本当に久しぶりです。運動するとストレスも発散されるのを感じます。

がっつり乗りたいのですが、明日からまたしばらく出張です。

走行距離 13.5km
平均時速 32.3km/h
平均心拍 158
ケイデンス 92

2011年10月14日金曜日

朝練 途中から雨

今日も朝練に行きました。ゆっくりLSDペースで走っていたら登りで心拍が上がってきたので、途中から強度高めのテンポ走を実施。

雨が降るのはもっと後だと思っていたのですか、途中から降ってきてしかもだんだん強くなってきたので、最後はずぶ濡れ状態でした。

45kmぐらい走るつもりだったのですが、残念ながら途中で戻り、22kmで終了でした。

走行距離 22km
平均時速 29.4km/h
平均心拍 147
ケイデンス 87

2011年10月12日水曜日

昼練

朝はけっこう寒かったですが、昼は天気がよく暑いぐらいでした。

気持ちよく走ってきました。朝練を久しぶりにできたとはいえ、最近はあまり走れていないので、これぐらいじゃ全然物足りない感じです。

走行距離 13.5km
平均時速 31.7km/h
平均心拍 144
ケイデンス 90

三田ループ ジョーレイカーズ二人練

今朝は夕べからの急激な冷え込みによって、広範囲に霧が発生していました。

ジョーレイカーズの他のメンバーが来れない中、haretokiさんが参加。霧のために視界が悪く、ミラーも曇って見えない状態で、タイムトライアルは危険ということで通常の練習となりました。

僕は268ジャージにレッグウォーマー、そして洋服の青山でゲットしたゴルフ用の保温タイプの長袖インナー。これがなかなか良くて、腕だけでなく、体全体で寒さをしのげ、作りもフィット感もgood。快適に走れました。

洋服の青山のクレジット会員になると、年会費1300円で毎年3150円の商品券がもらえます。今年も商品券でこのインナーゲットしようかな。

haretokiさんは、気温12℃とかなのに、なんと半袖半パンで夏仕様。体脂肪一桁のボディラインはかなりなエアロダイナミクスでした。

で、今日の走りはというと、小野交差点スタートで最初から緩い登りで強度アゲアゲ。先週の金曜以降乗れていないので、ちょっと体力低下気味でしたが、久しぶりの運動で張り切りました。

登りは斜度が緩めなのでクライマーのhatetokiさんに後れを取ることなくこなし、また平地でもharetokiさんの強力な牽きを体感。二人で高速を維持して、良い刺激をもらいながら、志手原交差点まで。

小野から志手原まで時計回りで平均時速は35km以上でした。心拍は常時平地で174、登りで176から179とかまで上昇。後ろに付いている時でも170以下になることはほとんどなく、回復力低下。しばらく練習できてなかっただけに、けっこう応えました。呼吸と高負荷ペダリングが忙しくて、ドリンクを飲む余裕もあまりありませんでした。

haretokiさんのギヤチェンジの回数は明らかに僕よりも多いので、僕もこまめにチェンジするように見習わないといけないと感じました。

今日はharetokiさんが来られなかったら、意気消沈して帰るか、ちんたら走って終わりというところでした。高負荷練できてよかったです。ありがとうございました。

走行距離 31.8km
平均時速 30.2km/h
平均心拍 152
ケイデンス 90

2011年10月7日金曜日

Selle ITALIA SLR TEAM EDITION ゲット

プロチーム御用達のサドルをゲットしました。以前から気になっていて、某所にて日本定価の半額以下で買えるとあってついポチりました。

P1020794

SLRシリーズは世界で一番売れているサドルだそうです。フィジーク・アリオネなんかも人気ですが、268練でもSLRは多くの人が装着しているのを見ました。

このSLR TEAM EDITIONは、プロチームに供給されているのと同じモデルで、長距離のレースでも快適に走れるように、軽量ながらパッドも厚みがあって乗り心地も良さそうです。

今はPrologo Scratch Pro Nackがなじんでいい感じで使えているので、すぐにはインプレできませんが、触った感じでの比較インプレをまずは。

下の写真は、Pro Turnix Carbonと並べたところ。軽さは若干SLRに軍配が上がります。
P1020795

上から見たところでは、長さ、幅、シェイプなどはほとんど同じです。表皮はTurnixは本革、SLRは合皮になっています。ベジタリアンとしては、SLRの合皮はポリシーに合います。

P1020796P1020798

前から見たところ。写真ではちょっとわかりにくいですが、SLRは先端からに後ろまでストレート形状。座面は、左右に緩やかにラウンド。Turnixは真ん中がくぼんでカーブを描き、座面も真ん中はややへこみ、左右に行くとラウンドしています。で、後ろは反り上がっています。

Turnixのこの絶妙な形は、実は尿道圧迫に対してやさしいです。ちなみに、Scratchは左右に激しくラウンドし、乗り心地はいいのですが、尿道圧迫はやや厳しい感じです。SLRはオーソドックスな形状で、広い範囲で座骨、おしりを支えてくれそうです。

P1020799

パッドの厚み的には、前はTurnixの方が分厚く、真ん中ほどでは同じぐらい。座骨周辺ではSLRの方が厚くなっています。また縁の方のパッドはSLRの方があります。

P1020801

ちょっと暗いですが、裏面。両方ともカーボンレールです。SLRのベースはのっぺりとシンプル形状。Turnixは曲げに対して強そうな形状です。

ベースを押した感じでは、同じ力ではSLRの方が少し多くしなりました。これは快適な乗り心地につながりそうです。

Turnixは裏面ロゴのあたりが下に出っ張って箱のような形になっていて、そこにパッドがたっぷり詰まっています。なので、上から押さえるとその部分はけっこう柔らかく、尿道部分に優しくできています。

SLRは前乗りしやすそうな形状です。またTurnixも前部のパッドが厚めで前乗りは割としやすいです。ただTurnixは形状がストレートでない分、やや前が上がるセッティングになるので癖は出ます。

登りでは、Turnixの後ろの反り上がりがホールド感を生み出してくれますが、SLR Teamも若干の反りと後ろのパッドの柔らかさでしっかり座骨をホールドしてくれそうな気がします。

またいつになるかわかりませんが、実走インプレもしようと思います。

昼練

いつものごとく昼練に行ってきました。朝の疲労感が残っていたので、強度は上げませんでした。

走行距離 13.5km
平均時速 29.2km/h
平均心拍 135
ケイデンス 89

開催中の山口国体ケイリン決勝で、ジョーレイカーズ練習でも一度一緒に走ったことがある石口選手が優勝したらしいです。

すごいですねぇ、おめでとうございます!

8月中はほとんど毎日のように早朝からハードなトレーニングを積み重ねていたのを朝練のたびに見て知っていました。

今後はプロの世界でも頑張っていただきたいです。

朝練 西峠

今日乗ったら来週の水曜までは乗れません。今日もヒルクライムで効果的なトレーニングをしてきました。

テンポ走で登り。18分32秒で平均心拍162。前回と比べてちょっとタイムは良くなりましたが、心拍は上がりました。全体的な平均時速は落ちています。

裏起毛のちょっと伸縮性が悪いタイツのせいで股関節、膝関節部分でのパワーロスも感じました。

走行距離 45.2km/h
平均時速 28.6km/h
平均心拍 146
ケイデンス 85

2011年10月6日木曜日

昼練

昼練に行ってきました。いい感じにかっ飛ばしてきました。

今日は比較的暖かく、自転車にはとても良い季候です。心拍計をぬらしていくのを忘れて、中盤まであり得ない値でした。

走行距離 13.5km
平均時速 33.8km/h
ケイデンス 89

2011年10月5日水曜日

久しぶりのジョーレイカーズ朝練参加

今日は久しぶりのジョー練参加。コースは平地。気温は12℃で、前日よりはかなりましでした。アームウォーマー、レッグウォーマーをしていきました。

集合時間前に一度強度を上げて走行しましたが、気温が低いのでスピードもあまり乗らない感じがしました。

集合場所に行くと、IMIさんがすでにスタンバイ。その後、TRSさん、IWKさん、シェフさん、ズランさんも登場。

一本目

スタートからスピードを上げてズランさんに交代。良いペースで先頭交代をしながら直線の終盤へ。

今日はラストでロングスパートをかけてみました。後ろの人が出たくても出れない鬼牽き速度を持続して、右後方からズランさんの気配を感じながらも耐え抜きました。

二本目

IWKさん先頭でだんだん加速。先頭交代しつつ森を抜けたところでさらに加速。一気にペースアップ。IWKさんがペースを落とさないために順番を飛ばして先頭に上がり、ズランさんと共に僕も続きました。

その後もやや不規則な高速ローテーションを繰り返して終盤の坂へ。ズランさんが先頭でダンシングをかけたところを、僕も一気に加速して右から抜いていき、ロングスパートをかけました。

このアタックが決まって、振り返ると後続に大きく差を付けることができました。

と、今日は最大心拍は182に抑えられながら、調子よかったです。

来週のジョーレイカーズ練は、個人TTだそうです。それまでに良いトレーニングができたらいいなぁ。

2011年10月4日火曜日

7℃でした! 朝練 LSD

今朝は一気に寒くなって7℃。冬用のウェアにグローブにシューズカバー、そしてイヤーウォーマーも装備して朝練に出かけました。

今日はゆったりと千丈寺湖を回りました。10℃対応のウェアは最初少し寒さを感じましたが、体が温まってくると快適になりました。

これから朝練メインの自転車乗りにとって長い冬が始まります。がんばります。

走行距離 40.5km
平均時速 28.3km/h
平均心拍 132
ケイデンス 87

2011年10月3日月曜日

朝練 西峠

このところ朝練は西峠が多くなっています。心拍トレーニングには割といいところなので、最近お気に入りです。

心拍80パーセント前後でテンポ走。18分40秒で平均心拍160。前回と比べれば良いです。

特にしんどいとは感じず、気持ちよい登りでした。ヒルクライムも楽しいと感じるようになれました。

帰りの小柿からの平地も同様の強度で走りましたが、こちらの方が大変でした。

走行距離 45.2km
平均時速 29.1km/h
平均心拍 147
ケイデンス 84

2011年9月29日木曜日

昼練

ST-6700のレバー復帰でTCR ADVANCEDが復活。シフトアップの問題が解決してご機嫌の昼練。

気持ち良くて、いつもよりもガツガツ踏みまくりました。

走行距離 15.2km
平均時速 34.6km/h
平均心拍 152
ケイデンス 87

2011年9月27日火曜日

朝練 今日も西峠

TCR ADVANCEDが走行不能状態なので、TCRで朝練。昨日に引き続いて西峠に行ってきました。

気温は13℃。風がやや冷たいですが、走っているうちに心地よく感じるようになりました。

西峠を昨日と同じぐらいの強度で登っていると、前方になかなかいいペースで登るロードバイクを発見。徐々に距離を詰めていって、中盤あたりで挨拶と共に抜き去りました。そのまま走って最後の激坂区間で振り返ると着いてきていたので、ここでさらにペースアップして引き離しました。

あとは強度を落として帰ってきました。やはり普段ある心拍計がないとちょっと不便に感じます。

走行距離 41.5km
平均時速 27.7km/h

2011年9月26日月曜日

アルテグラ右レバーの不具合

P1020793

今、こんな事になっています。ST-6700の右のデュアルコントロールレバーがありません。

実はちょっと問題が発生しております。

増谷さんを通じてシマノ担当者と直接電話で話し、お預かりと点検ということになりました。

しゃぁ無いなぁ~(笑) とharetokiさん風に。

朝練 西峠

今日は西峠行ってきました。昨日丸一日走らなかったので回復。西峠TTでもしようかと思いましたが、それよりもトレーニングを重視しました。

心拍80パーセントから83パーセントぐらいをめどにテンポ走。西峠のようなきつくない登りではペースがつかみやすくて、心拍トレーニングには良いと思います。

テンポで18分59秒。やはりTTで15分台をたたき出すには、最低でもこの強度で18分は切らないとだめだと思われます。

土台のないところで背伸びしてもだめ

しっかりと土台を固めようと思います。

帰りは小柿から志手原までを同じ強度で高速巡航し、気持ち良く帰ってきました。

走行距離 45.2km
平均時速 29.3km/h
平均心拍 149
ケイデンス 85

2011年9月24日土曜日

リヤ三角用ディスプレイスタンドをゲット

こんなのをゲットしました。
MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド ブラック/レッド DS-520

サドルを持ってひょいっとリヤ三角をこれに引っかけるだけで、自転車を安定して立てておくことができます。これで各種整備もできます。

後輪ハブ軸を挟み込むタイプのスタンドよりも圧倒的に楽ちんです。

メリットは脱着が簡単なのと、タイヤ交換とかメンテで後輪を外した際にも、自転車を立てておくことができるということですね。

昼練

今日も昼練に行きました。朝は結構寒くなりましたが、昼はまだ半袖で十分いけて、気持ちいいです。

千丈寺湖を力むことなくゆったりと走りました。

走行距離 13.5km
平均時速 29.0km/h
平均心拍 135
ケイデンス 87

朝練45km

今朝は寝過ごしてしまい、気がついたら5:55。慌てて朝練に出かけました。

心拍は今朝も上昇が穏やかで、反応はいまいち。でも、メリハリのついたトレーニングができました。

志手原から小柿までをメディオ走。そこからちょっと休んでゾーン2。見比峠で再び心拍上昇、そこからしばらくゾーン2。そして、平地コースまで。平地コース往復を再びメディオ走。その後ゾーン2といった具合。

今朝も10℃でした。これから容赦なく寒くなっていくことでしょう。でもがんばります。

走行距離 45km
平均時速 30.6km/h
平均心拍 148
ケイデンス 88

2011年9月23日金曜日

フロントメカ交換

いや、壊れたわけではありません。

Forceからアルテグラに変更しました。レバーがアルテグラでフロントディレーラーがForceという組み合わせは動作することはするし、変速フィーリングも悪くないのですが、トリム操作をしたときにForceのディレーラーはうまく動いてくれないので、やはりちゃんとそれ用に設計された物に交換したわけです。

で、問題発覚。

以前チェーンリングのねじが一カ所すっとんで行ったトラブルがありましたが、チェーンのかかり具合によってチェーンリングには横方向にも力がかかっていますから、ねじがないところが少し変形してしまったようです。

どういう状況かというと、新しいFDをフレームに付けて、プラスドライバーで慎重にロー側、アウター側の調整ねじを回してベストセッティングにしていくわけですが、羽をぎりぎりまでチェーンに近づけたときに、クランク回転の一部分の所だけ羽にかりかりっと接触するというもの。まるでホイールが振れているような感覚です。

と、いってもごくわずかなので通常使用では問題ありませんが・・・。まあ、いろいろありますなあ。

昼練

昼練に行ってきました。風が強くて脚が重かったです。世間は休日なので、ロードバイクが何台も走っていました。

心拍は上がりませんが、高め。疲労がたまってます。

走行距離 13.5km
平均時速 27.5km/h
平均心拍 135
ケイデンス 87

朝練 気温9℃ 西峠練

今朝は10℃といきなり寒かったです。秋用のウェアと、指先まで覆う手袋と、足先を覆うシューズカバーを装着していきました。

あと、ブラケットをやや手前に引くようにハンドルをセット。上ハンは持ちやすくなり、下ハンが遠くなるセッティング。下ハン持つ場合は肘も前より落とさないといけません。より攻めのポジション。長時間はちょっときついか。

今日はまだ心拍はあまり上がらず。西峠の登り後半でようやく160以上に上がったぐらいでした。西峠の電光掲示板の温度計は9℃になっていました。

走行距離 45.2km
平均時速 28.5km/h
平均心拍 146
ケイデンス 86

2011年9月22日木曜日

昼練

久しぶりの実走行となりました。風はけっこう強かったですが、気持ち良く走ることができました。ホイールはキシリウム・エリート。高い剛性によるシャキシャキ感を堪能しながら走りました。

途中、巨大な水たまりがあって、どごーーーっと高速で水をかき分けながら走る区間がありました。

走行距離 13.5km
平均時速 32.1km/h
平均心拍 147
ケイデンス 93

2011年9月21日水曜日

朝練 三本ローラー

今日も雨なのでローラー練。気持ちは元気なのですが、昨日の疲れによって、今日はパワーが持続不可能でした。

まあ、昨日は完全なフレッシュ状態だったから普段とは違ったというところが大きかったです。

昨日の強度をかけ続けても心拍はそれほど上がっていかず、疲労がどんどんたまっていく一方でした。早くも回復が必要になりました。

2011年9月20日火曜日

キシエリのタイヤを交換しました。

キシリウム・エリートの後輪タイヤがそろそろ寿命を迎えていることに気がつきました。トレッドがかなり薄くなっていて、メッシュがあらわになる小さい傷も無数。交換です。

もちろん、PanaracerのRACE Type Aですが、これは走行距離が伸び悩むTCRの後輪から拝借。TCRには新しいのを装着しました。やはり装着から1年以内に使い切りたいところなので、古くなる前に消費です。これで新品タイヤのストックがなくなりました。

チューブも一回補修してあり、だいぶ摩耗していそうだったので交換となりました。R’Airからビットリアの安いやつに変更。少々重いかもしれませんが、厚みがあるので耐久性はありそうです。

さて、どんどん走って履き潰し、パワーアップしましょうか。

朝練 3本ローラー

昨日の夜遅く北海道から帰ってきました。大雨・・・。明日も雨。そして木、金は朝練できず・・・。というわけで今週はあまり走れなさそうです。

今朝の朝練は三本ローラーに甘んじました。ホイールはキシリウム・エリートに交換しました。こないだコスカボの後輪タイヤを交換したところですが、キシエリ後輪ももうちょっとで寿命。

長いこと走っていないですが、身体には休養となったようでかなり元気でした。テンポ強度を1時間半も維持することができ、まだまだ全然余裕という感じでした。

また、激安輸入品のSKINSロングタイツも届きました。

2011年9月15日木曜日

昼練

今日も暑いですが、走ると気持ちいいです。風を感じながら颯爽とサイクリングという感じの走りでした。

明日からしばらく天気が悪くなりそうですが、この前線を超えると本格的な秋なんでしょうなぁ。

今晩からしばらく北海道に行ってきます。

走行距離 13.5km
平均時速 30.3km/h
平均心拍 135
ケイデンス 89

2011年9月14日水曜日

今日もアグレッシブにジョーレイカーズ練

水曜はジョーレイカーズ練。

いつものごとく、集合時間まで単独朝練。やはり昨日の疲れが残っていました。出力を上げたいけど、体は上げるなと言っている感じです。仕方ないので、LSDペースで平地コースを流しました。

集合15分前ぐらいにIWKさんと出会い、その後BMCさんも。IWKさんと先に集合場所に行くと、IMIさん、haretokiさん、TRSさん、ズランさんも続々と集まってきました。

ジョーレイカーズの面々が19日にエンデューロに参加するということで、今日はそれに向けた練習となりました。

一本目

出足、けっこう遅め・・・・・・。先頭から三番手の僕にローテーションが回ってきたときに、一気にペースを上げて戦闘モードに。ここで中切れ発生。先頭集団はいきなり4人に。そこにBMCさんの姿はなく、後方集団のアシストに回っていました。

先頭集団は40km/hを超える速度での巡航。僕も昨日の疲れはどこへやら、本気モードが戻っていました。前で鬼牽きしても、ちょっと後ろで休めば鬼牽き力復活という感じで、明らかに走行中の乳酸処理能力がアップしたように思えました。

元気なので森の手前で先頭に上がって、率先しての先頭牽きをする余裕もありました。ラストにかけてはさらにスピードアップして強力に集団牽引する力が有り余っていました。

二本目

後方集団がゴールするやいなや、BMCさん先導で「休まずにいくよー」ということになり、そのまま出発。水を飲んで休んでいたズランさんが不意を突かれて置いてきぼりになってしまいました。

僕は集団最後尾。ローテーションは行われず、BMCさんがずっと先頭牽き・・・・・・。

森を抜けたところでIWKさんが先頭に躍り出ると、haretokiさんと共に着いていって三人の先頭集団形成。時速40kmオーバーでみるみるうちに後方集団が離れていきました。

三人で高速ローテーションをしながら、ラストにかけても消耗することなく、ぐいぐい行かせて頂きました。

今日は皆さんおとなしめだなぁと思っていたら、その後も休み無しで計6本走ったということでした。僕はいつものごとく2本で終了。

さて、レースに出る方々は来週の朝練で疲労がまだ抜けきらず、もしかしたらお休みということもなきにしもあらずかもしれませんが、21日、太もも61センチ平地特化型格闘系ライダーが満を持して参戦するかもしれません。お楽しみに・・・。

走行距離 50.3km
平均時速 29.9km/h
平均心拍 140
ケイデンス 90

2011年9月13日火曜日

昼練

昼練に行ってきました。イージーライドを心がけましたが、一台抜いたので、抜き返されないようにスピードを保ちました。

今日は総じて心拍高めです。調子はいいです。

走行距離 13.5km
平均時速 27.6km/h
平均心拍 134
ケイデンス 89

朝練 三田小ループをタイムトライアル

ジョーレイカーズの方々が最近三田小ループで練習されているので、僕も久しぶりに走ってみました。

テンポ強度で走るつもりが、二日間走っていなくて心臓が絶好調に回復していたので、低い強度でもばんばん心拍が上がっていきました。

小野交差点から半時計回りでスタート。かなり快調。心拍はどんどん上がっていきました。175とかに上がっても、だいたい落ち着くのが171ぐらいです。172だとなんとか大丈夫、173だとだんだんきつくなってくる。つまり、AT値は現時点で171と算出。貴重なデータを収集することができました。今後のタイムトライアルの基準値になるでしょう。

小柿折り返し地点での平均時速は34.2km/h。そこからは若干の下り基調で、峠の登り口付近で34.6km/hに上昇。

しかし、ここから約3分間苦手な激坂。どんどんと平均時速が落ちていき、頂上では33.0km/hまで減速してしまいました。

頂上からの下りでは体重に物を言わせて遅れた分を取り返しました。まだ時刻が6時半とかだったので交通はほとんどなかったから大丈夫ですが、あと数十分もすれば通勤通学で交通が増えるため、このダウンヒルは危険になるでしょう。

小野交差点での平均時速は34.4km/h。平均心拍は171でした。

あとは平地コースをゾーン2で流して乳酸を取っ払う運動をしました。

帰りの千丈寺湖で、ノーヘルのど素人ロードバイクが結構なスピードでカーブを右側通行で突っ込んできました。だいぶ手前でこちらが気づいて減速したために事なきをえましたが、かなりの危険行為に、もしぶつかったら危うく成敗するところでした。

走行距離 50.8km/h
平均時速 29.6km/h
平均心拍 150
ケイデンス 89

2011年9月10日土曜日

コスカボのタイヤを交換しました。

TCR ADVANCEDに装着しているコスミック・カーボンの後輪タイヤが摩耗してきたので、交換となりました。後輪に装着してからは3000km以上は余裕で走り、その前にもかなりの距離を前輪で走っていましたから、けっこう持ちました。

新しいタイヤは、やはりPanaracer RACE Type A。耐久性、グリップ力、耐パンク性、日本製ということでホイール6本中、5本がこれになっています。

新しいタイヤは前輪へ。前輪のタイヤは後輪へローテーション。前輪は後輪に比べて摩耗もパンクの確率も少ないですが、いざ前輪がパンクするとコントロールを失う恐れがあります。なので、タイヤを交換したときは、新しいタイヤを必ず前輪に装着してローテーションするようにしています。

また、よく減る後輪ばかりを交換していると、前輪は摩耗する前にゴムが劣化して性能を失う恐れもあります。

さて、タイヤ交換するときは、タイヤの裏側一面にベビーパウダーをはたいて、チューブにもはたいて、軽く空気を入れたチューブをよじれないように慎重にリムに入れて、タイヤをはめます。このとき、チューブとかまないように注意します。

そして空気を入れるわけですが、一度空気を入れきったら、一気に抜き切ります。これでタイヤ内部のチューブのよじれが解消される場合があります。ベビーパウダーが摩擦抵抗を低減しますので、このときにチューブが定位置に収まってくれる可能性が高くなります。で、もう一回空気を入れます。

以上、タイヤ交換のちょっとした豆知識でございました。

チェーンリングねじゲット+昼練

昼練の前に、午前買い物練。買い物がてら、増谷自転車へ。そう、気がつけばチェーンリングのねじが一カ所どっかなくなっていたので、ゲットしに。

途中、仕事中のBEERENキャプテンに声をかけられ、ちょっと会話。実業団加東ロードに出場するはずが、けがのためにDNSなんですと・・・無念。

増谷自転車はたくさんのお客さんでごった返し、店員の皆様が汗だくになって対応されていました。リキさんにお会いしました。

チェーンリングのねじは、店長からほいって感じでいただきました。ありがとうございました。

用事を済ませ、昼食後昼練。めちゃ暑かったです。途中、黄色のBEERENジャージの方とすれちがいました。

走行距離 13.5km
平均時速 30.1km/h
平均心拍 140
ケイデンス 85

アルミTCRで西峠TT

昨日のTCR ADVANCEDの様子。定期的な注油とか増し締めとかメンテで気がついたのですが、チェーンリングを留めているねじが一カ所なくなっていました。

393392669

このまま走れないことはないですが、何か問題が起きたら困るので、今日の朝練は、アルミのTCR。しかもヒルクライム。

街乗り仕様になっているので戦闘力はかなり落ちますが、まあ仕方なし。

杉生交差点スタート、篠山市看板ゴールで、タイムは16分56秒。なかなか良いタイムでした。脚力は十分でしたが、心肺の方が限界でした。最近、テンポとかの有効なトレーニングが少なくなっているので、継続してやらなければと感じました。

バイクTCR ADVANCEDでもう少し減量しつつ、心肺能力アップでどこまでタイムを削れるか・・・。まだKGT氏の背中は遠いなあ。

走行距離 41.5km
平均時速 26.2km/h

2011年9月9日金曜日

昼練

今日ものんびりペース・・・で行くはずでしたが、だんだんとペースアップ。ゾーン2からゾーン3下・・・中盤からゾーン3の上ぐらいまで心拍が上がりました。

今日はちょっと暑かったです。

走行距離 13.5km
平均時速 32.8km/h
平均心拍 148
ケイデンス 90

2011年9月8日木曜日

昼練

今日も昼練。もうそんなに暑くないので、自転車で走るにはとても心地よい時間です。風が気持ちいいです。

昨日の朝練が高強度だったので、今日はただ淡々と走るのみでした。

走行距離 13.5km
平均時速 31.2km/h
平均心拍 138
ケイデンス 90

2011年9月7日水曜日

昼練再開

昼、そんなに暑くなくなってきたので、昼練を再開することにしました。久しぶりで気持ち良かったです。

昨日、今朝、そして昼と実走行でPrologo Scratch Pro Nack使ったところ、全く問題が発生しませんでした。数ヶ月前にダメ出ししたサドルですが、一転快適サドルとして復活です。

さすが人気サドル。じっくり使い込んでいこうと思います。

走行距離 13.5km
平均時速 31.0km/h
平均心拍 141
ケイデンス 90

鬼牽き上等 ジョーレイカーズ練

今日は水曜のジョーレイカーズ練。今のところ平地コースでの開催なので、辛うじて参加できています。

朝はけっこう寒かったです。出発時は14℃。もはや半袖の領域ではありません。長袖にロングタイツで出発。強度を上げていかないと体が冷えてしまいます。

まずは強度をかけてアップ。血液を循環させて体温を高めていきます。須磨田からはメディオ走開始、しかし森のあたりから濃い霧になり、サングラスは曇るし走りにくくなってきました。最後まで行かずに引き返し、あとはゾーン3で走行。走りながらミーティングのある6:45まで時間を潰すことにしました。

haretokiさんもいつもより早い時間から走られていました。集合場所で話しながらいると、IWKさん、つねさん、リキさん、IMIさん、ズランさん登場。

ミーティングでは、安全走行やマナーに関しての確認と共通認識。現状の走行の問題の改善について話し合われました。BEEREN最強BMCさんもご登場。

今回は出発時刻を5分ほど過ぎたので、タイムリミット付きの僕的にはやや焦りが・・・。もう今日は鬼牽きしまくるしかないという心境でした。

最初はゆっくり目のスタート・・・。・・・。なかなかスピードが上がっていかない中で、haretokiさんが後方から出てきて静寂を打ち破りました。

これでスイッチオン。僕も順番を飛ばして猛ダッシュ鬼牽き開始。快調に飛ばしていたら、やはりまだローテーションが機能していない中だったので、あろう事か一人逃げ状態になってしまいました。

しばらく一人旅状態でしたが、やがてBMCさんの牽く列車が右側を通過。本格ローテーションに入りました。出たいけど出れない森の中はharetokiさん先頭でやりすごし、森を抜けたら解き放たれたように鬼神牽き。気がつけば集団は4名になっていました。

BMCさん、IWKさんの走りはもちろん強力。特に全体を通して今日のズランさんの鬼牽きには、先頭交代で前に出るのにかなりのパワーを必要としました。まさに切磋琢磨の鬼牽きローテーション練で一本目終了。

通常の協調した先頭交代では、追い抜く人は急な加速をせずにスムーズに行うのが鉄則ですが、今日の僕は違いました。俺に牽かせろ!と言わんばかりに追い抜いて加速、鬼牽きしたので、もしかしたら後続の皆さんも少し消耗されたかもしれませんね。

二本目もそんな感じで、とにかく牽きまくりました。皆さんもそれに応えてガンガンスピードを上げてくれるので、気持ち良かったです。

最後の坂でBMCさんがアタック。すぐにチェック。下ハンダンシングで、背中は低くかつ水平、そしてぶれず。テクニックは盗ませてもらいます。坂を登ったところでBMCさんが後ろを確認。最後前に出て終了。

今日は鬼牽きしまくっても復活が早く、調子が良かったです。タイムリミットオーバーで、後続の皆さんに挨拶もできないまま帰還しました。

この場を借りまして、皆さん有り難うございました。本当に良いトレーニングになりました。

走行距離 47.3km
平均時速 31.2km/h
平均心拍 148
ケイデンス 88

2011年9月6日火曜日

涼しくなった朝練 55km

気温がとても涼しかったです。17℃。運動してなければ半袖では寒いぐらいです。道ゆく人は長袖、新聞配達の原付はほとんど冬の格好です。

自転車では半袖でも、ある程度の強度で走ればこれぐらいの気温は気持ちいいものです。

今日はPrologo Scratch Pro Nackサドルでの実走行。走ってみて、サドルが以前よりも前にあるなと感じましたが、55km走ってみて特に際立つほどの不快感はありませんでした。

座骨を支えるポジションを探ったので尿道の問題は回避されましたが、ただ、長時間乗ると座骨というかその回りの肉が圧迫されて違和感が・・・。まあ、乗り心地自体はいいので許容範囲ではあります。前後に腰を移動させても漕ぎやすかったです。

あとは最終チェックすればポジション出しはOKそうです。

走行距離 55km
平均時速 32.6km/h
平均心拍 148
ケイデンス 87

2011年9月3日土曜日

朝練 サドルセッティング中

昨日からサドルをPrologo Scratch Pro Nackというのに交換しました。このサドル、前も合わなくてしばらくやめていたのですが、気分転換にまた戻しました。

Turnix Carbonのサドルは今のところ非の打ち所がないほど問題がなくて、また新しいサドルを買うとしたらこれを買ってしまいそうです。

でも、平々凡々と使っていると何となく変化を求める感覚もありまして、Scratchに再挑戦。昨日ちょっと乗った感じはよかったのですが・・・。

今朝、ローラー上でメディオ走を始めたところ、9分ちょっとで尿道付近が痺れました・・・!やっぱりラウンド形状は厳しいなあ。

要は、座骨で支える感じが乏しくて、柔らかい部分で体重を支えている状態。座骨で支えるポイントを探ると、Turnixに比べてサドルのだいぶ後ろの方になりました。

座骨幅は測ったことはありませんが、多分狭いと思うんですけどねぇ・・・。股関節硬いし。

なので、サドルの固定位置をちょっと前寄りに出さなければなりません。そうするとシートポストとの固定位置がだいぶ後ろの方になってしまうので、今度はシートポストのやぐらの前後位置を入れ替えて、前乗り用セッティングに・・・すると、レールの中程でシートポストを固定することができました。ちょっとめんどくさいですが、繊細なセッティングを詰めていかないとこのサドルと融合できなさそうです。

まだまだ研究中。

2011年9月2日金曜日

バーテープとサドル交換(Prologo Scratch)

これまでコブラ柄のバーテープを巻いていていい感じだったのですが、あのバーテープは柔らかくて良く伸びることもあって隙間ができたり、定位置からずれたりと不具合が発生していました。

巻くときはもちろん、十分に引っ張りながらやったつもりでしたが、予想以上に伸びる素材だったので・・・。あと、炎天下の車の中に入れていた時があって、中の粘着テープも融けて劣化していたのもあります。

新しいバーテープ。やはり、コブラに比べると地味か・・・。

P1020768

気分転換に、サドルも交換。

P1020767

体に合わず、一時は手放すことを考えたPrologo Scratch Pro Nackですが、結局手放さずに、いつか復活の機会をうかがっておりました。

このサドルを紹介したページだけで3000もアクセスがあったので、かなりの注目サドルなんですね。それだけに、手放すのももったいないかと。

このサドルは、最初乗り心地は最高にいいのですが、距離を乗ると股ずれや尿道への圧迫等の不快が出てきたので、お蔵入りになっていました。

三本ローラーで1時間ちょっと乗った感じはけっこうよかったです。最高ケイデンスは199と、CATEYE V3の最高値を記録。厚めのパッドのおかげで前乗りも快適で安定して乗れました。

リベンジでこれからしばらく乗ってみます。

2011年8月31日水曜日

水曜ジョーレイカーズ平地バトル練

水曜朝はジョーレイカーズのガチ練です。

ここ数日は心拍が上がらず体が回復モードに入っていましたが、睡眠を多く取って今朝は5時前に気持ち良く目覚めることができました。

いつものように集合時間までに平地コースで練習。昨日よりはエンジンの吹け上がり感はだいぶよくなりました。

しかし、いつもとちがって様子がおかしく、えらく空腹を感じました。空腹を感じると、なんか力が出ないものです。いつもはジョーレイカーズ練前にテンポ走をして高強度に体を慣らしておくのですが、ガス欠気味でパワーが出ませんでした。ハンガーノックなんかになったらいやだなあなどと考え事をしながら、心拍ゾーン3でコースを二往復。

集合場所に向かうと前方にアップ中のharetokiさんが。そして駐車場には北海道帰りのIMIさん、コスミック・カーボンで武装したTRSさん。しばらくしてズランさん、久しぶりのシェフさんが登場。

一本目

かなりゆっくり目のスタート。中盤過ぎまでバトルの様子なし。僕も先頭を牽いて40km/h以上に上げますが、空腹感にやられて心が折れ、長く牽くことができませんでした。

森の中をIMIさんが先頭で抜けて最後の長いストレートで集団のペースが上がりました。シェフさんの牽きもなかなか強力ですが、腰痛からの復帰のためか低いポジションが取れないのが大変そうでした。

僕は2時間でもコラムスペーサーなしの下ハンポジションで全く平気なので、後ろにいようが常に下ハンです。自分に合うハンドルとそのセッティング、長年かけて少しずつ築いてきた理想のポジション出しが功を奏している感じです。

やはり終盤はスプリント勝利を狙うズランさんが前方に上がって来ました。そしてharetokiさんの鬼牽き。シッティングポジションながらもダンシングしているような全身を使った加速。僕は三番手。良い位置に着けました。

ゴール300メートルほど手前でズランさんがharetokiさんの左側から抜けてダッシュ。このときharetokiさんが左に寄りかけたのであわやのシーン。僕は落ち着いてズランさんの後ろを追いかけ、最後はトップスピードで上回ってズランさんを差し、一着ゴール。

二本目

二本目もかなりゆっくりなスタート。森を抜け広くなったところでようやくペースアップ。コスカボを履いたTRSさんの牽きによって、集団は40km/h以上に加速。その後はハイペースな先頭交代になりました。

終盤に向かう長いストレートはなぜかいつも僕担当。そして誰も前に出ないまま丘に突入。いつもここで消耗してやられているのですが、そうそうやられっぱなしではいけません。誰か出てくるかなー?と思いながら結局坂を登り切り、ラストの悶絶区間へ。

ここでズランさんが後続を引き離すロングスパートで猛然と走り抜けていきました。今回はIWKさん不在のため、他のメンバーはこの強烈なアタックに反応しきれず。

僕も休む間もなくダンシングで加速して追っかけました。ある程度加速してからは二段ロケットのために四頭筋を残し、エアロポジションでズランさんの後ろを追い、最後はスプリントをかまして追い抜きました。一着ゴール。

最後の牽きの区間はいつもならかなり消耗するのですが、今回は追い風だったので、体力の消耗を抑えることができました。鬼牽きできなかったことと合わせて勝因となりました。

二本終えて帰還。

走行距離 56km
平均時速 31.7km/h
平均心拍 153 / 190
ケイデンス 89

2011年8月30日火曜日

朝練 55km

朝、涼しくなりました。大汗をかかないので気持ちがいいです。

今日は55kmコース。こないだのパンク以来久しぶりに小柿の方へ行きました。ペースは昨日よりは高め。さすがに昨日よりはちょっとだけ心臓も復活してきています。やはり睡眠が重要と感じます。

切詰峠で心拍160まで上がりました。まだ高強度は厳しいかもしれませんが、明日のジョーレイカーズ練までには回復したいところです。それなら回復走がいいのですが、気持ちだけは速く走りたいのでついついペースも上がってしまいます。

今日も気持ち良い走りができました。

走行距離 55km
平均時速 31.2km/h
平均心拍 138
ケイデンス 88

2011年8月29日月曜日

朝練 心拍上がらないからLSD

今日も体がお疲れモードなのか心拍が最初から上がらず、無理して負荷をかけると低い心拍のまま乳酸がたまっていくという状態でした。筋肉の疲労はないのですが、慢性的な疲れでしょうか。

しかし別に体調は悪いわけではなく、むしろ昨夜行ったヨガ講習会の効果もあっていい状態でした。

心拍が上がらないのはしょうがないので、ゾーン2のLSDペース。有酸素運動で血行をよくし、健康増進の運動をしました。

気持ちよく走れました。

走行距離 56km
平均時速 30.2km/h
平均心拍 135
ケイデンス 89

2011年8月28日日曜日

軽く朝練

千丈寺湖を走ってきました。

心拍が上がらず、高強度をかけられないのでペースはLSD。今朝は6時半までだったので距離も走れず。

回復にはいいかもしれないけど、うーん、走り足りない・・・。

走行距離 27.2km
平均時速 29.0km/h
平均心拍 132
ケイデンス 90

2011年8月27日土曜日

朝練ローラー

朝、路面が濡れていたので、外に行かずにローラー練にしました。

心拍は上がらず・・・。強度的にはLSDで一時間半ほどやりました。三本ローラーで安定したペダリングを意識しながら、高回転やったり時々手放しをしたり。

動画を観ながら、たまにはまったりローラーもいいもんです。

2011年8月26日金曜日

朝練 テンポとスプリント

一昨日の夜もストレッチとヨガ。骨盤回りのインナーマッスルが伸ばされていい状態ではあるのですが、ちょっとやり過ぎたか筋肉痛ぎみ。

今日の朝練メニューはいつものテンポ。一時間連続でやろうと思ったのですが、今日は心拍の上がり具合がいまいち。しかも、乳酸もなんとなくたまりやすい感じで、脚が重くなってきました。

さすがに一時間ぶっ続けだと後で疲労が残りそうなので、一往復を2セットにしました。

一本目
平均時速 35.1km/h 平均心拍 157

ゾーン2で片道

二本目
平均時速 35.1km/h 平均心拍 161

終わりにスプリント。サラ脚ならもっと伸びるはずですが、やはり乳酸たまった状態からだと50km代前半までがやっとでした。ジョーレイカーズ練のゴールスプリントを想定した場合、やはり追い込んだ状態からでも加速できる強さが必要と感じました。

走行距離 54.6km
平均時速 30.8km/h
平均心拍 146
ケイデンス 85

2011年8月24日水曜日

高速ジョーレイカーズ練

水曜日の朝練は恒例のジョーレイカーズ練。開始は7時ですが、いつも僕はその前に単独練をします。

昨日は雨だったので夜の時点で道路はびしょ濡れ。朝道路が乾くかどうかというところでしたが、ところどころ濡れてはいたもののだいたい大丈夫でした。

あと、ヨガ研究会立ち上げました。昨夜は第一回目講習。下半身の筋肉を柔軟にするポーズを重点的にやりました。体は全身ガチガチに硬いですが、やはりストレッチをやると驚くほど柔らかくなります。最初できなかったポーズが、最後にはなんとかできるようになったりとか。

そして驚くべきは、ヨガによって脚が長くなりました。今朝自転車に乗ってびっくり。サドルが低く感じました。脚関節や筋肉も柔らかくなって、ペダリングも効率よくできるようになればいいですね。

さて、今朝の走りですが、まずは一人でいつものコースをテンポ走で一往復半。心拍の上がり感はいい感じでした。残りの復路はゆっくり目に走り、戦闘準備を整えました。途中、ウォーミングアップのIMIさんとすれ違いました。

待ち合わせ場所には、リキさん、haretokiさん、IWKさんがすでに待機。そしてズランさん、Bench Warmerさんも登場。

一本目

まずは先頭牽き。だんだんスピードを上げて交代。今日も序盤からハイペース。リキさん、Bench Warmerさんは早々に切れてしまうほどでした。

中盤、ルーラーIWKさんの鬼牽きでさらなるペースアップ。2番目のIMIさんがところどころ前に出ようと右側に寄りますが、ハイペースのためになかなか出れず。かなり長時間の強力な牽きで一気に終盤の長いストレートに突入。

ここで僕がアタック。シッティングで最高52km/hに加速し、そのままぐいぐいと先頭キープ。この時点では逃げたのか、後ろに誰かいるのかわからず、しばらくして振り向くと、二人着いてきているのを確認。ここで一端脱力。ズランさんに先頭交代。

ズランさんからharetokiさんに先頭が代わりゴール前へ。ここでharetokiさんの左にズランさん、右には僕が出てスプリント。先ほどの鬼牽きでかなり消耗していましたが、スプリントの余力が残るぐらいは回復することができたので、余裕をもって一着ゴール。

二本目

ややゆっくり目の出だし。順次先頭交代。普段は交通量が少ないですが、今日はゴルフ場に向かう車が後ろから時折抜いていくシーンがありました。

森の中はIMIさんがやや長めの先頭キープ。森を抜けると僕が先頭に立って速度アゲアゲ。前回の二本目に僕が消耗しきった区間は、今回IWKさんが脅威の長牽き。また僕が先頭に立ってゴール前数百メートルの丘に入ると、ズランさんが先頭に出てダンシング。これに触発されて、僕も追っかけていきました。

先頭交代の順序を狂わせて出過ぎたこと、これがいけなかったかな。また力を使ってしまいました。後から聞くと、ここはharetokiさんがアタックを仕掛ける予定の場所だったそうです。

丘を登りながら、何かここで不気味な静けさを感じました・・・。

丘を登り終えたところでまた僕が先頭に立ってしばらくすると、ゴール前で後ろに控えていたみんながスプリント態勢に突入。そしてみんなに一気に抜き去られてしまいました。

いや-、焦りました。

IWKさんがharetokiさんを引き連れて強力にリードアウトし、なんと、クライマーのharetokiさんが一着でフィニッシュ。いつもはゴール前で捨て身のアタックをされてきたharetokiさんですが、今回は脚を温存しておりました。

最後みんなが脱力して流したところに僕は意地のスプリントをして多分二着だったのかなぁと。何しろ力を使い果たしてよく憶えていません。

一本目の勝率は割と高いのですが、二本目は勝負所がよくわからずなかなか勝てない感じです。まあ丘を登ったところで力を消耗していたら負けですね。

二本目終了後、帰還。大堰橋で増谷自転車の激速クライマーと遭遇しました。すぐそこでジョーレイカーズいるよーと声をかけたのですが、皆さんにお会いできたかな。

走行距離 56km
平均時速 31.9km/h
平均心拍 155 / 195(最高値タイを記録)
ケイデンス 89

2011年8月23日火曜日

メンテと朝練

昨日まで出張兼山岳トレーニング、山奥を100kmほど走ってきました。天気悪かったです。

さて、今朝はかなり汚れてしまった自転車をきれいに掃除すると共に、チェーンの洗浄・注油やブレーキ回りのメンテ。

その後、ローラーに少し乗りました。けっこう疲れがたまっていたので、強度を上げられませんでした。

2011年8月17日水曜日

水曜はジョーレイカーズ平地練

水曜の朝練は、おなじみのジョーレイカーズ平地練です。ローテーションしながらの高速巡航とラストのスプリント対決が魅力の練習です。

7時からスタートですが、その一時間前の6時集合でシルベストのIWKさんと二人で走りました。

以下、IWKさんより

4時起きで6時に須磨田交差点行きます♪宜しくお願いします。goma2 さんからの刺激をもらいに行きます。

4時起きって、すさまじい!そしてわざわざ誰も走っていないような早朝練に参加してくれることに感謝。

IWKさんと先頭交代しながら平地往復コースをほとんど休憩なしで一往復半。強度的にはLT付近でした。無茶しないように心がけましたが、多少消耗しました。

最後の復路はゆったり流して疲労回復。

ジョーレイカーズ集合場所には、IMIさん、TRSさん、haretokiさん、BenchWarmerさん、ズランさんも続々登場。

一本目

信号待ちのharetokiさんたちを置いて先に出発してしまいました。後でよくよく、あそこは停まるところだったと一同猛省。以後気をつけます。

さて、一本目の状況はといいますと、一人が牽く時間はやや長めだったかなという感じ。IWKさんの牽きが先週よりも強力になっている気がしました。ラストにさしかかり、IWKさんがIMIさんをアシストして鬼牽きリードアウト。IMIさんはやや苦しそう。その後ろに着けていた僕はリードアウトされて労せずして一着ゴール。

二本目

中盤、IMIさんから早めに先頭を交代すると、45km/hの鬼牽き。鬼牽き・・・! ・・・・・! ・・・・・! ちょっと牽き過ぎ。

乳酸がたまって大変になったところで、ようやく誰か前に出てくれた!と思ったら、haretokiさんの猛アタックでした。それを車間を空けてIWKさんがその後ろを追う展開。

やっと鬼牽きから解放されたかと思ったらアタックに巻き込まれ、さらに力を使ってIWKさんの後ろに入りながら回復を許されない状況に追い込まれました。

haretokiさんが後退していくや否や、今度はIWKさんの鬼ロングスパート!ある程度差が開いてしまいましたが、これも何とか追いかけようと残った力を振り絞ってじりじり詰めていくと・・・。
仕上げは僕の後ろで温存していたスプリンターのズランさんがだめ押しのもがき!

最後はIWKさんと同着のようにも見えたし、ズランさんがさしたかのようにも見えました。僕はクレアチンを使い果たしてスプリントには参加できず、3着でした。

いやー、二本目は徹底的に力をそぎ落とされて、こてんぱんにやられてしまいました。平地で勝つには単にスプリント力だけではなくて駆け引きが大事ですねえ。

二本目終了後、帰還。

走行距離 56km
平均時速 31.8km/h
平均心拍 149 最高190
ケイデンス 89

2011年8月16日火曜日

朝練 まさかのパンクと修理

朝練でパンクしました。

朝練でパンクすることは滅多にないのですが、今回やってしまいました。

不思議なもので、パンクは一度すると立て続けに起きることが多いです。ちなみに、数日前のパンクは別のホイールとタイヤなので、同じ箇所というわけではありません。

今回パンクしたのはコスミック・カーボン。前回はキシリウム・エリートです。不注意で、サドルバッグの中には、キシリウム用のノーマルバルブのチューブが入っていて、うっかりロングバルブのを入れ忘れていました。このままではチューブを交換しても、空気を入れることができず。orz

やむを得ずパッチ修理ということになりますが、チューブを外したもののスローパンクで問題の箇所がどこか特定できず・・・。タイヤに残っていた小さい鋭利な石の場所から推測するのですが、やはり水に浸けることができないとわかりにくいものです。

そうこうしている内に電話がかかってきて、急ぎで戻らなければならなくなりました。やばし。結局、パンクの修理はせず、スローパンクなのでなんとか空気を入れて走ることにしました。orz

最初の内は数キロぐらい走れたのですが、止まって空気を補充するたびに、空気が抜ける量が増えてきたのか航続距離が減ってきました。最後は数百メートルでアウト。ここまで来れば修理した方がいいのですが、最後はへろへろになりながら何とか帰りました。

チューブは見た感じ修理すればまだ使えそうでしたが、耐久性とか考えて、新しいのに交換。タイヤはまだもうちょっと大丈夫。

リムテープは・・・。

P1020766

穴の上、真ん中に裂け目が発生。数カ所で確認。ミシュランのリムテープは固くて頑丈そうに見えますが、結構もろかったりします。許容空気圧は9気圧。マックスで運用したのも効いているかもしれません。

リムテープを取っ払ったら、このときばかりと振れ取り台にかけました。コスミック・カーボンのスポークは、リムテープを取らないと調整できません。

振れ取り終了後、ストックしていた新品のミシュランのリムテープを張りますが、ほんの少し穴からずれたので、ずらそうと思って金具を押し込んだら切れました。orz

ストックはまだあるので、再チャレンジして成功。しかしミシュランのリムテープはやっかいです。パナレーサーのは柔らかくて伸びるけど、こんなにあっさり切れなかったですよ。

パナレーサーのタイヤは固くてなかなかホイールに入らず、人によってはタイヤレバーを折ってしまうほどという評判もありますが、こないだリキさんのパンク修理テクを盗み見して、それを再現したら、レバーを使うことなく、手だけで割と簡単に脱着することができました。

今日はそんなわけで大変でした。

2011年8月15日月曜日

昼練

疲労を抜くためにちんたらと走ってきました。

最初涼しいかなと思っていたら、やはり真昼。照りつける太陽は強烈でした。

千丈寺湖を走っていたら、268ジャージの人に抜かされました。僕もジャージをもらいに行かねば。

走行距離 13.5km
平均時速 25.4km/h

引き続き熱中LSD練

今朝は疲れと路面ウェットで走れず。朝練だけなら翌日回復しますが、夕方まで走ってまた翌朝というと疲れが取れません。

ということで、昨日のネタ。

午後一時半ごろ伊勢をスタート。朝熊、鳥羽と回って、パールロードでスペイン村経由、鵜方から南伊勢まで行き、剣峠を登って伊勢神宮経由して帰るルート。

暑い・・・。

最初の10kmでボトル一本飲み干し。さらに1リットルのアクエリアスもどんどん消費・・・。

どんどん飲んで胃はたぷんたぷん状態なのに、体は脱水状態。つまり、体に水分を吸収する量に対して、汗として出て行く水分の量が遙かに上回っているということです。

スポーツドリンクは吸収性が良いといいますが、すさまじい炎天下の中では全然追いついていません。スポーツドリンクを1/2に水で薄めたぐらいが最も吸収が良いらしいので、今後の課題でしょう。でももう炎天下ではあまり走りたくありません。

途中、ダイドーの自販機でスポーツドリンクを買ったら、当たりが出てもう一本ゲットすることができました。

今回も塩飴が威力を発揮してくれました。でも、炎天下のヒルクライムで体がオーバーヒートして頭も変になりそうでした。

剣峠は木々が生い茂っていて全面日陰で非常に涼しかったです。先にこちらを走ればよかったなあ。

2011年8月13日土曜日

LSD練 謎のパンク

今日は実家で午後三時ごろから走り始めましたが・・・。いきなり大変でした。

暑い!

外にいるだけでだらだら汗がふき出してきます。

ホイールは久しぶりにキシリウムエリートですが、車から出したら何とパンクしてました。

昨日空気を入れたときはどうもなかったし、それまでも空気が入った状態で保管していて何の問題もなかったのにです。

タイヤを外してみても異物はなし。ただ、タイヤの内側のパンク箇所にはちょっとしたでこぼこのようなものがあり、あまりなめらかではありませんでした。しかし、異物が貫通とかそういうのはまったくありませんでした。

パンクしたチューブは、何かが刺さって穴が空くというより、非常に小さく裂けた感じになっていました。

やはり寿命なんでしょうね。

もったいないからといって、タイヤ交換したときにチューブは交換せずにそのまま続行とか良くないんでしょうかね。

Panaracerのr'Air という、ヒルクライマー御用達みたいな軽量チューブはやはり耐久性に難ありなんでしょうか?

そういえば、かつて異物の存在しようがない三本ローラーの上でパンクしたこともあるんですよ。

いつもタイヤ交換するときは、リムを掃除して、タイヤとチューブの摩擦を少なくするために、ベビーパウダーはたいて丁寧にやってるつもりですが、やはりチューブはタイヤ交換と同時に新しいのにした方が良さそうですね。

軽量チューブが不安になってきました。


とりあえず修理して走り出すと・・・。

キシリウムエリートの乗り心地が滅茶苦茶硬い。振れ取りの度に締め上げていたのがいけないのか、もともとこんなのか・・・。コスミックに慣れるとやはり違いが歴然です。

あと、心拍計のセンサーが新しくなりました。やはり新品はいいですね。正確無比だし、バンドもへたってなくてフィット感もいいです。交換してよかったです。

今回は熱中症対策として、熱中飴という、塩とクエン酸が効いたレモン風味の飴をポケットに入れて、適宜口に入れながら走りました。大量の水分補給と共に、なかなかいい感じで塩分補給ができました。

走行距離 74.3km

2011年8月12日金曜日

朝練 テンポ1時間超

最近また全然山を走っていません。今日も平地テンポ練。

いつもは一往復約13kmを1セットにしていますが、今日は連続3往復でやりました。

競輪修行の石口選手もトレーナーの方の車の後ろでずっと走っていました。

今日はあまりスピードが乗らず、二往復半の時点でAve34.8km。やはりここは35に乗せたいので、最後の復路でがんばって挽回。

テンポ 1時間5分
平均時速 35.0km/h
平均心拍 162

いつぞやは1時間平均心拍162だったら36km/hは出てました。最大心拍上がったけど、一拍あたりの出力は落ちているかもしれません。

走行距離 53.5km
平均時速 31.8km/h
平均心拍 151
ケイデンス 81

2011年8月10日水曜日

ジョーレイカーズ高速列車スプリント練

今日は水曜日。千丈寺湖を股にかけるジョーレイカーズの朝練に参加しました。

例によって早い時間から自分の朝練。今日はテンション高くて心拍高めでした。でも時々センサーの調子が悪くて心拍が低く表示される時があります。もう3年以上使っているので、センサー買い換えしないといけないと思い、昨日注文入れています。

メディオ走やファストペダル、心拍を上げ下げしてコントロールする練習などをしました。

今日も石口選手、タイヤを引っ張って走ってました。

一通り走って集合場所に行くと、IWKさん、つねMAXさん登場。そしてIMIさん、リキさん、ズランさん、haretokiさんも。

出発までの時間、ジョーレイカーズの間でgoma2影武者?とささやかれているIWKさんと少しお話しする機会がありました。前に一度ご一緒したときにはすばらしい高速巡航が印象に残っていました。先週末シルベスト合宿に参加して未だに疲労が抜けないということでした。

今日の作戦は鬼牽き封印。あまり無茶せずに脚を残しておき、最後のスプリントバトルをすることでした。

haretokiさんは腰の調子が思わしくなく、保冷剤をポケットに入れてアップライトポジションで走られていました。

一本目

先頭交代しながら淡々と進んで行くと後半IWKさんが加速。ズランさんがダッシュしてチェック。中切れすると本当に大変なので、ここは前に出ていきました。ここからは3人のバトルに。
ゴールまでまだ2km以上というところから、ルーラーIWKさんが大胆な逃げを敢行。しかしこれにはしっかりと反応。

しばらくして先頭交代し、ゴール前までやや長い距離を僕の単独牽き。そしてズランさんが後方からスプリント開始。僕も腰を上げて応戦。IWKさんは先ほどのアタックからまだ回復できず。
僕は作戦通り先頭を牽きながらもしっかりと脚を温存していたので、ズランさんを抜いて一着ゴール。

二本目

二本目は後ろの方でスタート。序盤はややゆっくり目の展開。やはりAve39.5で走り抜けた一本目の疲労が残っているようです。しかし僕が先頭に立ったあたりでは40km以上の巡航に。さらにその後ろのIWKさんも集団のスピードを上げていきます。

今日は大人しくリハビリするという宣言とは裏腹に、終盤近くでharetokiさんがまさかの鬼牽き。これで集団が少しばらけました。前方にスペースができたので、後方からそれを埋めるべく上がって3番手へ。

やはり最後はIWKさん、ズランさんと三つどもえ対決。最後の登りでズランさんから先頭を引き継ぐと、僕がゴール手前まで先頭牽き。ここでIWKさんが前に出てきました。また結構不利な状況からのスプリントという展開でしたが、今日は鬼牽き封印作戦で残していた脚を爆発させ、IWKさんを追い抜いて二本目も一着ゴール。

山ではこうはいきませんが、今日は存分にヘイチャーぶりを発揮することができました。今日は二回とも勝たせてもらったので、次回はアシスト役をしようかな。

走行距離 53.6km
平均時速 30.7km/h
平均心拍 150 最高値 190
ケイデンス 89

2011年8月9日火曜日

朝練55km

今日も気持ちよく朝練。

最近踏む感じのペダリングになっていて、意識しないと90回転を下回ってしまう気がします。ゾーン3の中強度だと余裕があるのでなおさらです。意識して回すようにした方がいいと思いました。

淡々とゾーン3で進み、往復平地コースでテンポ練。

負荷をかけて走っていくと、ハッチバックの後ろでタイヤをひきずって走る競輪選手が。先週会った石口慶多選手がトレーニングしていました。

挨拶して追い抜き、淡々と強度を維持。折り返しで平均時速が0.2下がりましたが、ひたすら心拍維持。すれちがう石口選手に「ファイトー!」と声がけ。ぐいぐいと踏み込み・・・やはり、テンポ走のケイデンスを落とした走り方が身についているのようで、それが踏むペダリングの原因のようです。

テンポ13.4km
平均時速 35.8km
平均心拍 156

 

走行距離 55km
平均時速 30.8km/h
平均心拍 143
ケイデンス 85

2011年8月8日月曜日

朝練

今日は短めの朝練につき、千丈寺湖を2周しました。

一周目。数キロの地点で前を走る2台のロードバイク。こんな早い時間から珍しいです。すぐに追いつくと・・・。

なんと、ロッカー・シロわんわんさん。久しぶりに会いました。長袖ロングタイツで炎天下きつくないですか?

そしてもう一人は、西峠TT15分を切るであろう増谷自転車の激速クライマー。

今日は200kmオーバーのロングライドに行くそうな。

さて、挨拶もそこそこ、追い越して自分の朝練に戻りました。

フロントアウターで、リヤが二番目に軽いギヤで今まで音鳴りはしませんでしたが、左を強く踏み込むとチェーンが当たってカリカリ音が鳴るようになりました。

前の同型フレーム15000km走ってから現在のフレームに変わってこの現象がなくなり、硬さと剛性を感じられたことでもわかったのですが、新しいフレームも若干へたってきたのかな。

心拍計の調子ですが、しっかり水に浸さないと反応しなくなってしまいました。汗によって後半は反応しましたが、ちょっとぬらしただけの前半は全く反応せず・・・。

走行距離 27km
平均時速 30.3km/h
ケイデンス 87

2011年8月6日土曜日

朝練 平地テンポ練

今日は久しぶりに心拍トレーニングをしました。基本メニューのテンポです。最大心拍数の上昇を考慮して、今までよりも高い心拍数で行いました。

往復コースを1セットとして開始。Uターンするとやはり0.2とか0.3とかアベレージが落ちます。

一本目
平均時速 35.4km/h
平均心拍 160

ここで片道休息。ゾーン2のつもりがなかなか心拍が落ちずほとんどゾーン3でした。

二本目
平均時速 35.1km/h
平均心拍 162

いつも二本目の方が調子がいいのですが、今日は悪化しました。後半の向かい風による抵抗の影響でしょうか。

あとは流して帰還。

走行距離 53.5km
平均時速 30.7km/h
平均心拍 148
ケイデンス 81

2011年8月5日金曜日

今日のライド

朝 ローラー。

挑戦者アンディ・シュレックを見ながら。しかしなかなか気合いが入らず。リカバリーライドのような感じで50分ぐらい。

昼 外練。

けっこういい感じで走っていましたが、いきなりの大雨。退却してきました。6kmほどしか走れず。

夜 買い物練。

スーパーまで往復しました。

まあ、そんなことでぼちぼち乗っている感じです。明日は朝走れるかな。そしてお仲間さそって三田まつり花火大会・・・は行けるかどうかきわどいところです。

2011年8月4日木曜日

夕練

めずらしく夕練に行くことができました。まだ明るかったけど、ライトは前後とも点滅でつけていきました。

強度はゾーン4下ぐらいでペダルはしっかり踏む感じです。強度的にはややしんどいものの、気持ちよかったです。

最大心拍が上がったので、この強度でもテンポ領域内となります。これからまたしばらく朝練行けるか危ういので、チャンスがあれば乗っておきます。

走行距離 14.5km
平均時速 33.5km/h
平均心拍 160
ケイデンス 84

2011年8月3日水曜日

ジョーレイカーズ平地 ケイリン鬼牽き練

今日は水曜日のジョーレイカーズ朝練が7時からということで、それまではいつもの自主練。とりあえず日曜日の疲労はおおかた回復。でもまだ少しだけ筋肉痛が残り、体調の方も万全ではありません。

昨日、ズランさんからtwitterで、「明日は大変なメンバーですよ!」とあおられ、まだ回復しきっていなかった昨夜は不安になり、思わずDHバーを付けようとしていました。しかし、TRSさんから飛び道具禁止令が出て我に返りました。

そして今朝。コンディションはいまいちでしたが、筋肉はいい感じに回復しているのかなという状態。心拍の上がり具合もそこそこいい感じ。まずはアップで現地へ。

そして、コンディションをチェックするために、往復コースをテンポ走。

平均時速 33.1km/h
平均心拍 152

いまいち・・・。でもですね、最大心拍が底上げされているので、テンポ強度で走るにはもうちょっと上げてもよかったのかなと。

その後、片道をゾーン2で流し、復路ではペダリングの練習として、基本ワークアウトのひとつである「ファストペダル」を何回か入れました。ケイデンス135を超えると尻が動き始めるので、それを安定させるようにがんばりました。無酸素運動になるので長い間は続きません。でも、140まで安定するようになりました。ケイデンス145ぐらいで尻がやはり前後に動いてしまいますが、ちょっと上達した気がしました。

この二往復とも、ハッチバックの後ろでタイヤを牽きずって走る競輪自転車選手とすれ違いました。

また、二往復目の帰りにまさに上級者という美しいフォームで走ってくるロードバイクが・・・。なんと268 WEDOの指導役であるBMCさんでした。実業団トップクラスで走られていたというBMCさんの実力は皆が知るところ。ジョーレイカーズ練がますます強力になります。

先に集合場所に戻るとIMIさんが。そしてTRSさんにズランさん、BMCさん、haretokiさん、リキさんも続々登場。

練習開始。今日は後ろの方からスタート。皆さん一生懸命牽いて時速は40kmぐらい出ています。順次先頭交代して僕の番、さらにスピードを上げるようにガンガン牽かせていただきました。リキさんはいっぱいいっぱい。BMCさんはやや温存気味といったところでしょうか。

ゴールが近づいてきたところで、最後尾からBMCさんが仕掛けました。すかさず反応。まだ距離があったので、ここは一回BMCさんの後ろについてから行くのがよかったかもしれないですが、正々堂々横から勝負に出ました。ゴールのかなり手前で追い抜いて安心していたら、後ろに着かれていたようで、二段階スプリントで攻め立てられ横に並ばれました。

こちらも二段ロケットで応戦。かわしてトップでフィニッシュすることができました。

いつもBMCさんには山岳コースで歯が立たないので、やっとこさ一矢報いることができました。
と、喜んでいるのもつかの間。さらなる展開が・・・。

平地コース二本目スタートするやいなや、後ろから赤ジャージの競輪自転車が猛烈に追い抜いていきました。あまりのスピードに感心していると、BMCさん、リキさん、血気盛んなジョーレイカーズは、後ろについていってしまいました。

まさかの展開に、気づいたときには中切れ状態。がんばって追いつこうとするも、明らかに他の人とは違う鍛え上げられた筋肉を持つ競輪選手の45km/hの牽きに、差は縮まるどこか開いてしまいます。これは一番やばい展開になってしまいました。

競輪選手がずっと先頭牽き状態なので、さすがにペースダウンしてきたのですが・・・。これが生かさず殺さずといいましょうか。一定の間隔を保ったままで、がんばれば維持できる。切れたら終わりという状態で風を食らいながら体力消耗が著しかったです。

競輪選手の後ろでは、時々すぐ後ろに着いているジョーレイカーズが追い抜いて先頭に立ちますが、そのたびに競輪選手のプライドでしょうか、すぐにまた先頭に躍り出て鬼牽き開始といった具合でした。

終盤にさしかかるにつれて、先頭集団からこぼれ落ちてくる人も・・・。

最後は若干登りになっているので、BMCさんがすいすいっとかわしていって先頭でゴール。競輪選手はそのあたりからペースを緩めたので、取り残された第二集団の僕も追いつき追い越すことができました。

いつ記録したかしりませんが、最大心拍数が195になっていました。日曜日の192からさらに+3も更新。2年前は心拍184で過呼吸で倒れそうになっていたのが嘘のようです。最大心拍数は年齢と共に減っていって増えることはないといいますが、明らかに心臓が変わっています。若返ったのかな?だったらいいな。

さて、今回の鬼牽き練におつきあい頂いた競輪の選手ですが、リキさんによると、まだプロではなく予備校生?だそうです。しかし国体ではトップレベルの数々の輝かしい成績を残しており、近い将来プロの世界でも大活躍することでしょう。

その名は、石口慶多選手。みんなで応援していこうじゃありませんか。
確かに、ズランさんがおっしゃったように、今日は大変なメンバーでした。この後僕は帰りましたが、あれから合計4回も地獄牽きの練習が続いたそうな。

ジョーレイカーズ練、恐るべし。

走行距離 55km
平均時速 29.4km/h
平均心拍 150
ケイデンス 82

2011年8月2日火曜日

朝練 ゆったりと回復

昨日は脚やおしりなど広範囲に筋肉痛が出ました。自転車でこんなに筋肉痛になったのはかなり久しぶりのことです。今日もまだ少し残っています。今日も無茶せずに、回復モードでゆったりと走りました。

昨日は一日しんどかったですが、今日は倦怠感はなくなりました。今日でしっかりと筋肉を回復させて、明日のジョーレイカーズ合同朝練にちょっとだけですが参加したいと思います。

走行距離 40.5km
平均時速 24.8km/h
平均心拍 119
ケイデンス 76

2011年8月1日月曜日

朝練 アクティブリカバリー

昨日はハードでした。心臓にもそうでしたが、午後の山岳練では水分補給をどんどんしつつも発汗の方が吸収を上回っているような状態でした。あと、塩分補給もそうですが、カロリー補給も失敗でした。

通常、夜8時以降は食べない健康的な生活をしていて、夜になると胃が寝てしまい空腹感も感じないのですが、昨夜は違いました。

夜中まで心拍が高くてなかなか眠れず、さらに空腹感が追い打ちをかけてどうにも寝付けませんでした。で、真夜中に禁断のカロリー補給・・・。

朝は通常よりもやや遅めの出発。アクティブリカバリーなので、心拍ゾーン1の強度で朝の気持ちいい千丈寺湖をゆっくり走りました。やはり負荷がないとサドルにもろに体重がのっかっておしりが痛かったです。

夜中に900kcalほど補給したにもかかわらず、朝練の最中も猛烈な空腹感にさいなまれました。今日はがっつり食って、栄養補給の日となりそうです。

走行距離 38km
平均時速 24.2km/h
平均心拍 119
ケイデンス 77

2011年7月31日日曜日

午後の部 いくつもの峠越えコース

午前の部では、最大心拍数が5も上がるという異常事態に、体の異変を実感。しかし、筋肉は元気そのものなので、今日は徹底的に乗り倒すことを決意。普段は山はあまり好きではありませんが、苦手な登りを克服するために、登りの多いコースを走りながら決めました。

コース
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c41c1bfae2c4482f67db04145fb64cfb

まずはここ一年以上は行っていないと思われる小野-永沢寺の激坂コース。ジョーレイカーズがよくタイムトライアルをしているところです。昼飯直後で腹がパンパンでしたがやってみることに。

小野からの平地はあまり飛ばさず、心拍も160台後半に落ち着いています。一ヶ月前なら160台後半はかなり苦しかったですが、今はそうでもありません。激坂区間になると、心拍も上がり176以上に。しかし、さすがに心臓も疲れているのか午前中ほどは伸びません。

インナー39T、リヤ25Tなので、きつい部分ではケイデンスは42とかに落ちます。全身の筋肉を動員しての片足スクワット。上死点から前方に強烈に蹴り込んでいく感じです。ふらつかずにまっすぐ走ることを意識。シッティングで淡々と登っていきますが、2回ほどダンシングを入れました。

脚にかなり負担がかかったので、途中からふくらはぎがつりました。小野交差点から登り区間の頂上まで28分50秒でした。

これ以降、練習終了まで100km近く、ずっとふくらはぎのけいれんに悩まされました。発汗量が半端ないので、塩分が不足していたのでしょう。やはり真夏は塩を意識して摂取しないといけませんね。

ちなみに、ツール・ド・フランスの選手のボトル飲料の中身は甘いスポーツドリンクではなく、食塩水ベースのスペシャルドリンクだとか。レシピはどんなのでしょうね?

あまりの発汗に、篠山市の小枕に抜けたときにはエネルゲンボトルが空に。コンビニでアクエリアス補給。すぐにグビグビ飲んでしまい、次のコンビニでもビタミンガード補給。あんパン購入。500mlではすぐになくなってしまうので、次からは1リットル入りのを購入・・・また1リットル購入・・・。そんなわけで、すごい水分補給でした。

篠山から亀岡は緩やかなアップダウンのコース。亀岡からは山岳ルート。連続した峠がいくつもあります。もう相当疲れたので、ペースがだいぶ落ちてきました。

亀岡からの帰りは、清崎峠、堀越峠、名月峠、猪名川変電所を経由して杉生へ。

脚がつりっぱなしでいくつも峠を越えてつらかったので、塩分を補給しないといかんなと思い、杉生のコンビニで熱中症対策の塩味ドリンクと昆布のおにぎりを購入。

さらにそこから西峠を登って下り、後川、小柿と流し、見比峠へ。

最後の激坂でとうとう大腿四頭筋がつりました。当然登れずに脚を着く屈辱。しばらく休憩して、体重を移動しながら登るダンシングで脚をいたわりながらどうにか登り、あとは流して帰ってきました。

自分のペダリングのくせがわかりました。上死点過ぎから前方向に踏み込もうとして、かかとが下がっていることが判明。これでは膝の高さが上がりきらず、ストロークを犠牲にしていることになります。3時を過ぎたらかかとが上がるのでなおさらです。直さなきゃ-。

今日の走行距離 162.5km
平均時速 25.2km/h
平均心拍 149
ケイデンス 74

午前の部 268会議と練習に参加

今日は久しぶりの日曜休暇。268に行ってきました。先週、重大な事故があったため、今後の活動について話し合いの場ということになり、通常の練習はありませんでした。しかし重要な場であり、貴重な機会でもあったので出席させていただきました。

会議の場では、自転車を始めたばかりの人も、ベテランもみんなが安全に楽しく走行できるためにはどうすればいいのかとか、今後のコースや、班分け、集団走行のルール、手信号、声かけ、緊急時の連絡先の携行などなどについて、皆さんから積極的な意見が出ました。とても有意義な時間となりました。

ヘルメットをかぶっていても所詮は生身。自転車は危険と常に隣り合わせのスポーツです。自分が事故に遭うかもしれないし、他人を巻き込むかもしれません。そのことを常に意識して注意を怠らないことが重要です。

事故やけがなどが起こったときに、それを教訓として成長できるかどうか、それが一番大事です。

会議終了後、走れる人は次週から走るであろう新しいコースを実際に走ってみることになりました。

ルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=898b8f14224ad0b73e12a9a2becad0c5

道幅の広いアップダウンのあるコースです。下りや連続カーブの危険な区間はゆっくりと流し、信号の少ない安全な登り基調の道路で本格的な練習をするというものです。走行時間は約1時間30分ほどになりました。

さて、今日は心拍計は直ったものの、やはり長期間乗ってなかったので、体に変調を来しています。心拍がいつもよりも高くなっています。

一般にスポーツ心と呼ばれる鍛えられた心臓は心拍数が低くなる代わりに、一回の鼓動で血液を送り出す量が増えますが、スポーツをしなくなると元に戻るといいます。まさにその状態?かもしれません。

今年まで3年間、最大心拍数は186と認識していましたし、それを超えて上がったこともありませんでした。しかし、今月は長めの出張が立て続けにあり、後半はほとんど自転車に乗れませんでした。

今月、最大心拍数を更新して187に。そして今日はなんとさらにそれを大幅に上回る192を更新してしまったのです。心拍計の異常ではありません。実際にその心拍の早さを体感しました。

今日はリエゾン区間でもやたら心拍が上がっていました。乗ってない期間が長いとそうなるのは今までにも経験済み。しかし、今日は違いました。

速いチームの最後尾で走っていたら、前の二人が飛ばしていったのでコバちゃんの後ろにいた僕は置き去りに。しばらくしてコバちゃんのペースが落ちてきたので、追い抜いて前を追いかけることにしました。

すでにこの時点で50m以上差がありましたが、なんとかなると思っていました。

が、しかし・・・。なかなか追いつきません。強度を上げていくと心拍が182、183、184・・・と上昇。でも死にそうな感じではないので、距離を詰めるためにさらに追いかけていくと・・・、187。

ああ、心拍100パーセントに達してしまった。これはやばい・・・。でも垂れる様子はなく、なんと心拍はさらに上昇。188。げ、更新してしまった。

そして、189・・・190・・・191と上がっていき、とうとう192を記録してしまったのです。あり得ないことでした。ちょっとずつ差を詰めていきましたが、心臓の暴走っぷりに呼吸も限界に達してきました。結局前に追いつけず、最後は離されてしまいました。

心臓は相当疲れましたが、筋肉の方はあまり疲労が残りませんでした。調子を戻さなければならないので、貴重な休日、昼からも走ることになります。

午後の部に続く

2011年7月30日土曜日

とうとう40,000km突破

昨日の朝練で右の膝に痛みが走ったにもかかわらず、昼も痛みに耐えながら、にろやに行ったり増谷自転車に三本ローラーのドラムを取りに行ったりと自転車で回っていました。

寝たら治るかと思いきや、今日の朝練で走行中に膝痛が再発してしまいました。無理してはいけないと思って途中で帰ってきました。17.6kmしか走れませんでした。

24時間あれば腫れは収まるのですが、昨日の昼の走行があまりよくなかったようです。今日は走りたい気持ちを抑えて体をいたわります。

それでも記録を打ち立てました。

TCRの走行距離が18,386km
TCR ADVANCEDの走行距離が21,624km
合わせて40,010km。

明日走れば、赤道一周の距離に達するに違いない!

最近心拍センサーの調子がやっぱり悪いです。水を付けても反応が鈍く、新品の電池でも自転車から3mも離れると電波を受信しなくなります。

2011年7月29日金曜日

久しぶりの朝練

出張のため、長い間自転車に乗れませんでした。かなり久しぶりの朝練となります。

勢いよく出発。出足の数百メートルで大臀筋からわき出る乳酸を感じました。走り方を思い出しながらさらに走っていくと、ハムストリングスからも乳酸が。しかし、元気なのでそのまま走行。久しぶりの走行で違和感ありまくりでしたが、後半になってペースをつかみ、乳酸も分解されていい感じで走ることができました。

肩や背中などには違和感が出なかったので、ポジションを変えなければならないほど筋肉の劣化はありませんでした。

心拍計の調子がまた悪く、計測ができませんでした。

体重が増えまくっているので、今はとにかく距離を乗って体重を元に戻すことが目標です。

走行距離 55km
平均時速 31.5km/h
ケイデンス 89

2011年7月16日土曜日

朝練 心拍高い中強度

日頃から走ってないと心拍が上がりやすくなります。今日は心拍ベルトを濡らすのを忘れて、最初センサーが反応しなかったので、心拍トレーニングはやめて55kmコースをそこそこ強度を高めて走ろうと考えました。

走っている内に汗が出てきて心拍計復活。ゾーン4強度を保って走行しました。高速順行区間では、自分の影を見ながら、背中を平たくして背中に風を感じながら走ってみたりとかフォームの研究もしてみました。

心拍はゾーン4の上からゾーン5の下をずっと保ってというところですが、ゾーンの割には強度はそこまで高くなく、心拍だけが高いのでしんどさはありませんでした。むしろたくさんの酸素を運んでくれて有酸素運動が充実している感じでした。心拍が無駄に上がらないように、ケイデンスを落としてみても変化はありませんでした。

今日は土曜日なので、数台のロードバイクに出会いました。

走行距離 55km
平均時速 32.9km/h
平均心拍 158+
ケイデンス 85

2011年7月13日水曜日

嗚呼、また破壊した。

今度は何を破壊したかというと、三本ローラー・ミノウラのアクションマグローラー・ワイドのキャップです。

この製品には致命的な欠陥があって、去年でこの製品は生産終了となり、今は改良された新しいモデルが売られています。

その致命的な欠陥とは何かというと、樹脂キャップが接着剤でアルミのパイプに取り付けられていて、ローラーの回転による負荷で接着剤がはがれてくるというもの。

6カ所のキャップの中で、5カ所が外れて、エポキシ樹脂でくっつけた経験があります。

今回もまたぐらついてきたので、接着剤を準備して分解してみましたが・・・

今までと違ってさらにやばいことが発覚。樹脂キャップそのものがバキバキに破壊しておりました。

 

P1020620

とりあえず、修理のために増谷自転車に預けてきました。

ボトルは漂白して清潔に(ボトルのメンテ)

自転車用ボトルの中身が水だけなら、それほど汚れに気を遣うこともいらず、水洗いだけで大丈夫だったりします。

しかし、中身にスポーツドリンクを入れるとなると話は別です。スポーツドリンクが入ったボトルは、水洗いだけでは完全にきれいになりません。洗ったボトルであっても、においが移っていてこれがなかなか取れないんです。

僕はエネルゲンを常用していますが、エネルゲンの色は強烈で、白いボトルの中が真っ黄色になり、水洗いではまったく落ちません。

しかも、プラスチックの凸凹に微妙に残ったにおいの元がさらなる二次被害を引き起こします。

そう、カビです。

スポーツドリンクの主成分は糖分であり、洗った後にしめっているとなると、それはカビ菌の格好の餌食となります。

ボトルをのぞき込んで、黒ずんでいたらそれはまさしくカビです。ボトルだけではありません。キャップの複雑になった部分はもっと大変なことになっています。

これに気づかずに使用していると、練習後、下痢になることがあります。今日集まった朝練のメンバーの方々の間で話題となったので、広く知っていただくため記事にしました。

ボトルを使用する上で注意する点は、水用のボトルとスポーツドリンク用のボトルは別々に分けて使うこと。これはにおい移りを防ぐためです。

そして、スポーツドリンク用のボトルは定期的に漂白剤を使ってクリーニングすること。

写真の製品も立派な自転車グッズです。

P1020621

スプレータイプの食器用漂白剤がおすすめです。泡なので流れずにへばりついてくれます。これをボトルの中や、キャップの内側、口を付ける部分などにまんべんなくスプレーして、数時間放置。あとはしっかり水洗いをすれば、カビは全滅して白さを取り戻してくれます。

あと、ボトルは入り口が狭くて奥行きがあるので、手では洗えません。このようなペットボトル用のブラシが百均で買えるので、こういうのも便利でしょう。

ジョーレイカーズ平地鬼牽き練

今日は一週間ぶりの自転車となりました。やはり乗っていないとせっかく鍛えた部分がリセットされてしまいます。

いつものように早朝から平地練。アップの段階で心拍がすぐに160とかに上昇。須磨田からテンポ開始。しかしいつもより弱い強度なのに心拍が上がってしまいます。最大心拍の80パーセントで鼻呼吸でいけるぐらいでした。

往復コース
平均時速 32.6km/h
平均心拍 151

LSDペースに落として片道・・・。しかしなかなかLSDレベルまで心拍が落ちていきません。毎日ちょっとでも乗れればいいのですが、この一週間は全く乗らず、他のスポーツもしませんでしたから、心臓がびっくりしている感じでした。

二本目はもうちょっと強度を上げてみました。しかし、集中力がなく、心拍が上がったり下がったり・・・。

往復コース

平均時速 33.4km/h
平均心拍 154

ちょっとはましになりましたが、いつもと比べると全然だめ。流して須磨田の集合場所へ行くと、7人の侍たちが待ち受けていました。

その名は「ジョーレイカーズ」!

千丈寺湖周辺を主な練習場所とする最近発足した新しいチームです。チーム名の由来は、千丈寺湖から来ています。268 WEDOメンバーの平日朝練から発足し、人数も増えつつあります。

さっそく8名で鬼牽きローテーション開始。まずは始めに先頭を牽かせていただき40オーバーペースを作り出すと、ズランさん始め皆さんもペースを落とすことなくどんどんと先頭交代。一本目はAve39.6km/hだったそうです。

気持ちいいのであまり気にしていませんでしたが、僕の心拍は180オーバー。レッドゾーンを遙かに超えて危険レベルに突入していました。普段ならここまで上がりません。

折り返して二本目は二列ローテーション。心拍は今までの最大値であった186を塗り替えて187を記録してしまいました。終わったときにはフラフラでした。

今日はちょっと調子がよくなかったですが、次はAve40オーバー狙いましょう。でも今週もあまり走れなさそうです。

走行距離 61.3km
平均時速 31.4km/h
平均心拍 152
ケイデンス 84

2011年7月6日水曜日

朝練 平地でバリエーション

今日は合同朝練を期待して平地コースへ。いつも心拍トレーニングをしているコースです。コースまでゾーン2からゾーン3の強度でアップを行い、そこからいきなりステディステートインターバル!いわゆるメディオです。

新しいメニューです。心拍を158を上限に上げて、乳酸閾値の向上をさせるトレーニング。しかし、いつものテンポのときよりもスピードが上がりません。しかも乳酸がたまっていく感じで調子も上がりません。折り返してもスピードが乗らないので、テンポ強度まで落としてみましたが、いまいちだめでした。

平均時速 34.4km/h
平均心拍 154

片道をゾーン2でケイデンスを100回転以上回してとりあえず乳酸ケア。今日は調子が悪いのだろうと思い、2本目は片道のテンポ。ところが、いきなり調子が上がって血行もよくなった感じでした。1本目はまだ体が起きてませんでしたが、これが刺激になって、2本目は調子が出てきました。

平均時速 36.0km/h
平均心拍 150

終わってしばらくゾーン2で。
次は短い距離ながら、さらに強度を上げてみました。

平均時速 38.8km/h
平均心拍 160

終わって、帰ろうとしたところ、朝練メンバーの登場。きょうはズランさんとIMIさん。

時間が迫っていたので、あまりご一緒できませんでしたが、ぎりぎりまで鬼牽きローテーションに参加させていただきました。

走行距離 57km
平均時速 31.0km/h
平均心拍 145
ケイデンス 88

2011年7月4日月曜日

活性酸素対策しなきゃ

最近トレーニングが本格的になってきた感じがしますが、それに伴って体をいたわっていかないといけないと痛感しています。

激しい運動をすると、活性酸素なるものが大量に発生します。

活性酸素は通常の酸素に比べて酸化させる能力が桁違いに強力であり、体をさびさせます。調べると、活性酸素は細胞や遺伝子も傷つけ、しわ、しみ、そばかす、白髪など老化の原因となるばかりか、ガン、動脈硬化、糖尿病、認知症、白内障などの恐ろしい病気を引き起こす原因となるらしいです。老化のメカニズムは活性酸素にあるという研究さえあります。

もちろん、適度な運動は肉体を健康にして老化を防ぐことは言うまでもありませんが、やり過ぎはやはり体にとって害にもなります。

速くなりたいからトレーニングをするのは当たり前ですが、度を過ぎて体が活性酸素まみれになってしまったら逆効果です。

活性酸素を除去するのは抗酸化作用のあるビタミンが有効。

特に、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンがいいらしいです。

食事から直接摂るのがベストですが、トレーニングをしている以上、マルチビタミン剤などのサプリを摂取することも心がけていった方がいいような気がします。

あと、僕がロードバイクを始めてからずっと愛用しているスポーツドリンク、粉末のエネルゲン。

活性酸素を調べて、これは恐ろしいと思いましたが、エネルゲンの栄養成分を見たら活性酸素の対策がかなり良くできていることがわかりました(他のスポーツドリンク比)。

これでほぼ1年分買いだめできます。もう3箱目かな?

エネルゲンの特徴としては、持久運動時のエネルギー補給を目的としたスポーツドリンクということで、体脂肪をエネルギーとして燃やしつつ、エネルギー源を確保していくというものがあります。

エネルゲンの100mlあたりの栄養成分

●エネルギー:24kcal ●タンパク質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5.5g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg ●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg ●ビタミンC:100mg●β-カロテン:0.6mg ●ビタミンE:0.2mg●アルギニン:200mg ●クエン酸:300mg

活性酸素を除去する物質として

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEも入っています。なかなかビタミンEが入ったスポーツドリンクはないんですよね。あとアルギニンも活性酸素除去に効くとか。

あとアルギニンは、動脈硬化や高血圧、痴呆、骨粗鬆症、胃潰瘍、肝障害、精力減退などの老化病にもいいようです。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどは体内のミネラルバランスを保って、よくある脚のけいれんなど筋肉の収縮が起こらないように抑えてくれます。

クエン酸はエネルギーの吸収を良くし、乳酸の生成を抑え、疲れにくくしてくれます。

炭水化物の成分は果糖が中心なので、急激な血糖値の上昇を抑えてくれるとか。

エネルゲンを飲んでいて良かったと思いました。

これからもあまり無茶せず、体をいたわりながら健康的に鍛えていこうと思います。

昼練

今日は曇っていてそれほど暑くなかったので、気持ちよく昼練に行きました。LSDペースで走っていたら、前にロードバイクが走っていてスイッチオン。パワーインターバルモードになって、一気に加速して抜き去りました。

そのまましばらく高い強度で走って、登りで力を緩めて一息。後ろを振り返ると追いかけてこられたようなので、再度スイッチオン。ガンガン漕いで逃げました。

心拍は戦闘モードになると、なかなか解除できません。しばらくは高めの強度で走り、落ち着いたところからLSDモードにクールダウンして帰りました。

走行距離 13.5km
平均時速 32.1km/h
平均心拍 152
ケイデンス 86

朝練 平地テンポ

今日も平地テンポトレーニング。

今日は風が強めで、天気予報では南南西3~4m。平地では風を食らうと緩い登りと変わらなくなってしまいます。

1時間連続でテンポをすると後で疲労が残るので、今日は往復コースを1セットとしてテンポ強度、その後片道を回復に充て、その後また往復テンポ、片道回復という具合に2セット行いました。

一本目、出足は追い風で時速40km近かったですが、折り返しに向かうに連れて向かい風になり、折り返して後はまず追い風、ラストは向かい風となりました。
約22分
平均時速 33.8km/h
平均心拍 151

その後、LSDペース。

二本目は一本目とは反対側からのスタート。最初の2kmは追い風を受けて時速38km/hペース。しかしその後は向かい風となって落ちていきました。折り返してスピードを盛り返すも、最後は向かい風。
約22分
平均時速 34.6km/h
平均心拍 151

昨日は36.1km/hというデータが出ましたが、片道だったので多分追い風要素が強かったのでしょう。

二本目が終わってLSDペースで帰り道、時々ペダルを高速回転させてみました。いわゆるファストペダルです。135回転までは腰がどっかり安定してくれますが、140回転になると腰がふわふわ浮いて安定しなくなりました。でも昔は120回転ぐらいでそうなりましたから、進歩と言えます。

走行距離 53.5km
平均時速 31.2km/h
平均心拍 142
ケイデンス 82

2011年7月3日日曜日

四頭筋でテンポ Ave36.1km/h

昨日の1時間テンポの疲労で寝起きはだるだるでした。今日はLSDぐらいのペースで走ろうと考えていましたが、走っている内になぜかやる気にモードになってきました。

平地コースを片道テンポ。昨日の1時間テンポは主に大臀筋とハムストリングスを使い、特にハムストリングスが疲労していたので、今日は強力な四頭筋が自動的に発動されてペダリングしていました。ケイデンスも高めでした。

時間 11分7秒
平均時速 36.1km/h
平均心拍 152

あとはゆっくり帰るところが、千丈寺湖で前を走る原付2台が非常に走りやすいペースメーカーになってくれたおかげで、それに付いてもう一本テンポ強度で走ることができました。

走行距離 29km
平均時速 30.4km/h
平均心拍 136
ケイデンス 87

2011年7月2日土曜日

朝練テンポ走1時間 Ave34.1km/h

今日の朝練は平地テンポ練。テンポとは、最大心拍の80パーセント前後の強度、ケイデンスは低めの70から85ぐらいを保って淡々と走ることによって、有酸素運動能力を向上させるトレーニングです。

まずはアップ。心拍の上がり具合を確認して、今日は行けそうと確認。

テンポは平地コースを往復しました。

時間 1時間6分
平均時速 34.1km/h
平均心拍 152

前に計ったときは同じ心拍数で33.7km/hでしたから、かなり躍進。ここ数日の強度を落とした走りによって、体も回復して良い結果となりました。ポジションも低くなって空気抵抗も若干減ったと思われます。

終了後は強度を落として帰りました。大臀筋とハムストリングスに良い刺激になりました。

走行距離 53.5km
平均時速 32.2km/h
平均心拍 147
ケイデンス 80

2011年7月1日金曜日

朝練 いまだ休息モード

今週はぜんぜん強度を上げた練習ができてなかったので、テンポ走をしようと出かけましたが、数日前の熱中症のダメージがまだ残っているのか体が反応せず、心拍数も上がってくれませんでした。

時速40km出してみても心拍の上がりが非常に鈍く、これはだめだなと悟ったときには雨が降ってきました。ちょっとぬれながら帰り、あとはローラーで回復走をしておきました。

2011年6月29日水曜日

朝練

今日の朝練は西峠。筋肉の状態はよかったはずですが、心拍が上がらず。いつも、西峠の前の大坂峠で一度心拍を上げるのですが、今日はどんどん踏んでも一向に心拍が上がりませんでした。身体にかなりダメージあり。

実は昨日、炎天下で2時間ほど走りましたが、大変でした。食べた昼食がなかなか消化されず、ずっと胃がもたれたまま、しかも吹く風は熱風、ボトルはお湯になり、皮膚は焼かれてプチ熱中症状態でした。

そういうわけで調子が悪いので、今日はリカバリー・・・にしては山岳コースなのでどうしても踏まねばならず・・・。

とりあえずゆっくり走って帰りました。今日はキシリウム・エリートを装着して行きましたが、コスミック・カーボンに比べると硬いので路面からのショックが大きく感じました。

走行距離 41.5km
平均時速 25.4km/h
平均心拍 128
ケイデンス 82

2011年6月27日月曜日

LSD

今日は実家です。
綺麗な海沿いの道をサイクリングしてきました。


リアス式海岸でアップダウンもすごいですが、至る所にある展望台からの眺めは最高でした。



ちなみに風がすごく強くて何回もフラつかされました。


コスカボは油断すると前輪を持っていかれます。

でも体重あるし、ステム長くてハンドル遠いし、見ての通りのハンドル落差があるので、安定した走りができました。
しかも、ニューハンドルは握りごたえあります!
LSDなので、スピードメーターではなく、今日は心拍計を見るようにしました。130以内で。



今まではスピードメーターばっかり見ていたので、坂になると心拍急上昇!という感じでしたが、今日はあえて心拍をコントロールしながら走りました。そうすると、今まで好きではなかった登りも好きになれました。


暑いので、水分補給が相当必要でした。だいたい一時間に1リットルペースでしょう。ボトルは24ozの大きいのを2つ付けてますが、なくなるの早かったです。コンビニや自販機で頻繁に給水しました。


4時間43分、距離は105km走りました。帰りは峠超えルートで、そこだけ約20分のテンポ走。ダンシングも混ぜました。VIBE7Sハンドルの剛性のおかげで、GIANTの極太ヘッドチューブの性能を発揮することができました。今までは、折角のフレームのゴツさが活かされてなかったわけです。


今回、ステム下のスペーサーを全部無しにして、一番低いハンドルポジションで長い時間走りましたが、快適だったし、どこも痛みが生じてません。ついに攻めのポジションをモノにしました。

人気の投稿