最強(HIRAME)ポンプヘッドをゲット

自転車用空気入れは、増谷自転車が主なポンプとして売っているplanet bike compを使用しています。仏式と英式の自動切り替えヘッド搭載で、空気もなかなかよく入るポンプなのですが、以前、ポンプヘッドが故障して、やむなく新しいのをもう一台購入した経緯がありました。
米→仏のアダプターがあれば使えると思っていたのですが、結局そのようなアダプターは存在せず。あとはうち捨てられる運命にあったplanet bike compでしたが・・・
このたび、史上最強と名高いHIRAMEのポンプヘッドをゲットしたことで、ゴミとして捨てられる運命から一気に最強ポンプへと生まれ変わりました。
ずっしりとした金属製ポンプヘッドは世界に誇る日本製。
 P1000748 (800x600)
空気を入れる前にまず、バルブをワンプッシュ。
P1000750 (800x600)

ヘッドの初期設定として赤い部分のねじを回して調整が必要となりますが、いったん決まれば後はノーメンテ。
ひっかかりもなくスポッと奥までバルブを入れることができます。
P1000751 (800x600)

このようにレバーを倒してロックするのですが、決して締めるという感覚ではなく、水道の蛇口を捻る感じというか、ほとんど力を要しません。それでいて、高圧まで入れても全く空気漏れはありません。
P1000752 (800x600)
空気を入れ終わった後にレバーを戻します。これも全く力が要りません。
その瞬間、ホースの中に加えられていた圧力が一瞬で開放され、ヘッドから冷やされた白い湯気が軽く漂います。
ヘッドを抜くときも簡単に抜けますよ。引っこ抜くのに力を入れて鋭利なエアロスポークで手を怪我することもありません。
P1000753 (800x600)
かつて、なかなかヘッドが抜けないので無理に引っ張ってタイヤの中でチューブが破けるという悲惨な経験もありました。そんな事故も心配要りません。
・空気漏れ一切なし。
・バルブの脱着に力もいらない。
・極めてなめらかに動くレバー。
値段はポンプ本体以上する高級品ですが、買って損はありません。これなら女性でも楽に空気入れができます。
今まで空気入れがおっくうで、入れるときは8気圧ぐらいと高めに入れてあとは一週間触りませんでしたが、今回購入したこのHIRAMEヘッドによって、空気入れが楽しくなりました。これなら毎日入れても全然OKです。

コメント