ペダルの分解&グリスアップ

せっかく高い工具を買ったので、ペダルのメンテをすることにしました。

今日はTCRに付けているPD-A530のメンテです。かれこれ14000km近く走っています。
まずはペダルを外します。
P1000703 (600x800)

専用の工具を付けて軸を抜きます。
モンキーでは工具が大きすぎて回せませんでしたが、バイクツールにちょうど合うのがありました。
P1000704 (800x600)

抜き取ったペダル軸。真っ黒に汚れています。
P1000705 (800x600)

玉押しナットを外してさらに分解すると、ばらばらとベアリングの玉が落ちてきます。全部で24個。1個でもなくしたら大変です。
P1000706 (800x600)

グリスはこんなにどす黒く・・・
P1000707 (800x600)

きれいに掃除して、デュラグリスを塗ったくります。
P1000709 (800x600)

ベアリングの玉受けにグリスを詰め込み・・・
P1000710 (800x600)

きれいに洗ったボールを入れ込みます。
P1000711 (800x600)

軸受けをはめて中にグリスをぶっ込みます。
P1000713 (800x600)

そして残りの玉を放り込みます。
P1000714 (800x600)

玉押しは指で回すだけでベアリングはゴリゴリと固くなってしまいます。
指先の繊細な感覚で、玉当たりを決めます。

最後に5000円以上したロックナットを締める工具でがっちりと
P1000716 (800x600)

で、元通り組み付けて完成。
ペダルを手ではたくようにして回すと、くるくると5~6回転は回るようになりました。

1年に1回やりたいメンテです。

1 件のコメント:

  1. check out my blog, and follow me if possible http://blogoficialdovinicius.blogspot.com.br

    返信削除