デュラエースのブレーキシュー!

昨日、大阪住吉に行く機会があったので、ついでにかの有名なウエムラパーツに行ってきました。

いろんなモノが豊富にあって、しかも安くて、衝動買いしそうな気持ちを抑えながら、一時間は店に滞在。とりあえず DURA-ACEのブレーキシューを購入しました。

HI3C0170

で、本日取り付け。
2年以上使用したTCRの105ブレーキシューと交換です。

105のブレーキシューはプラスドライバーで外します。HI3C0171

取り外した105のシュー。
たくさんの鉄粉が刺さってえらいことになっています。
このままではリムが傷みます。やはりブレーキシューは定期的な点検が必要と感じました。
HI3C0172
 

舟をパーツクリーナーで掃除してから、デュラのシューを突っ込みます。

ちなみに、デュラのシューは105のよりも1.5mmぐらい厚みがあります。そのため、このままでは前輪が入りませんでした。
HI3C0173

デュラのシューはアーレンキーで留めるようになっています。HI3C0174

続いて後輪ブレーキも同様に引っこ抜きます。
HI3C0175

おっと、これは左右反対に付けてしまいました。危ない危ない。
リムのカーブに合わせてシューが湾曲しているので、ちゃんと左右があるんです。
HI3C0176 

ブレーキワイヤーを張り直して、シューの当たりを調整して作業完了。

ではお約束のインプレ。

後輪をスタンドの上で空転させてゆっくりブレーキをかけると、105だとクンと止まりますが、デュラだとじわーっと効かすことができます。

前モデルの7800シリーズだとブレーキはガッツンと効くと言われていましたが、7900シリーズになってマイルドな効きになったようです。105と比べてかなりゴムの厚みがあるので、それが大いに影響しているのでしょう。つまり、微妙なスピードコントロールがしやすくなったということです。

ガツンと効けば体感的にはよく効くと思いますが、走行中に後輪がロックしてしまったりとか危ないこともあります。その点、7900デュラは安心でしょう。

では、実走行ではどうか。

いきなり、10パーセント超の坂道を下って実験。ブラケットポジションから二本指でブレーキを軽くかけると、いとも簡単に減速。これは非常によく効きます。105のブレーキシステムですが、シューだけデュラエースにするのは大いにありです。値段も安いので、これはとても効果が高い超おすすめのアップグレードと言えるでしょう。

その後、夜練で24.5km走行してブレーキの効きを良さをしっかりと確かめてきました。

TCR ADVANCEDを差し置いて、今、TCRの戦闘力がどんどん上がっています。

コメント